「口論がテレビショーになるなんて…」ソン・フンミンがアマプラ制作のドキュメンタリーに言及

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Primeで配信されているトッテナムのドキュメンタリー『ALL OR NOTHING』について、韓国代表FWソン・フンミン(28)が言及した。

【写真】韓国代表の“美女パートナー”一挙紹介

トッテナムの2019-2020シーズンにスポットを当てた『ALL OR NOTHING』は、9つのエピソードから構成されるドキュメンタリー作品。映像は約20カ国の言語に翻訳され、全世界のサッカーファンに発信されている。

この作品について、ソン・フンミンは去る10月15日(日本時間)、イギリスメディア『トークスポーツ』とのインタビューで以下のように語った。

ソン・フンミン

「チームメイトとの口論が、数か月後にテレビショーの一部になるのはおかしい。Amazonの映画すべてがそうだ。ドキュメンタリーが始まるときは気が気じゃなかった。どこにでもカメラやマイクがあったからだ」

ソン・フンミンが言及したのは、去る7月7日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第34節エバートン戦での一幕だ。

当時、前半が終了してロッカールームに向かう途中、ソン・フンミンがウーゴ・ロリスと衝突。激しい口論が勃発し、チームメイトが引き留める事態となった。

2人はロッカールームに入っても口論を続けていたが、後半キックオフ前には笑顔でピッチに登場するなど、和解した様子を見せていた。

ただ、今回のドキュメンタリーを通じて当時の口論が再注目されたことに、ソン・フンミンは多少の違和感を覚えたようだ。

といっても、ソン・フンミンはドキュメンタリーそのものを完全否定せず。「我々は、今回のドキュメンタリーで全世界への影響力というものを実感できた。ドキュメンタリーはクラブの発展に役に立つ。トッテナムは以前よりもはるかに大きくなっていて、それはこのクラブにとって良い兆候だ」とポジティブに語った。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集