キム・グァンヒョンのワイルドカード第1戦先発予想に現地メディア好反応「正しい決定」

このエントリーをはてなブックマークに追加

セントルイス・カージナルスのポストシーズン第1戦先発予想にキム・グァンヒョン(32)の名が挙がった。これに、複数のアメリカ現地メディアが「正しい決定」との反応を見せている。

【写真】韓国の美しすぎるスポーツ女子アナ一挙紹介

カージナルス率いるマイク・シールド監督は9月29日(日本時間)、『MLBネットワーク』とのインタビューを通じ、サンディエゴ・パドレスとのワイルドカードシリーズ第1戦の先発投手にキム・グァンヒョンを予告した。

キム・グァンヒョン

キム・グァンヒョン先発予想に各メディア納得感

『MLB.com』は同日、「キム・グァンヒョンが第1戦の先発に臨む」という記事を通じ、「キム・グァンヒョンはメジャーリーグデビュー初年度に最高の成績を収めた。これは抑えとしてシーズンをスタートさせるなど、慌ただしい環境の中で成し得た結果だ」と、シールド監督の選択に納得感を示した。

同メディアは「キム・グァンヒョンは時速90マイル(145キロ)序盤のストレートを投げるが、チームの優れた守備の助けもあり、被安打率を0.182にとどめた」とし、「相手打者を騙すスライダーも良い」と付け加えた。

続けて、「パドレスはカージナルスの先発投手によって打線を準備するものとみられるが、キム・グァンヒョンは左右打者を問わず一定の成績を挙げている」とした。

また、セントルイス地域メディア『セントルイス・ポスト・ディスパッチ』は「カージナルスがキム・グァンヒョンをプレーオフ初戦の投手として予告し、驚きを誘った」としつつも、「キム・グァンヒョンは統計的に先発投手の中で最高の姿を見せた」と評価している。

キム・グァンヒョンの先発登板が予告されているセントルイス・カージナルス対サンディエゴ・パドレスのワイルドカードシリーズ第1戦は、来る10月1日にパドレスの本拠地ペトコ・パークで予定されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集