米国女子ツアー再開でも韓国トップ勢が大挙欠場の理由…全英オープン出場を表明したのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月31日(現地時間)から米国女子ツアーがいよいよ再開する。

今年2月の「ISPSHANDAオーストラリア女子オープン」以降、新型コロナの影響で中止や延期が続いていた米国女子ツアーだが、アメリカのオハイオ州で行われる「LPGAドライブオン選手権」から再開されることになる。

野村敏京、河本結、山口ずず夏など日本勢が出場するので注目されるが、今や米国女子ツアーで一大勢力となった韓国勢の出場は思いのほか少ない。

世界ランク22位のエイミー・ヤン(韓国名ヤン・ヒヨン)、57位のチョン・インジ、81位のジェニー・シン(韓国名シン・ジウン)、90位パク・ヒヨン、さらにはオーストラリアのミンジ・リー(韓国名イ・ミンジ)、アメリカのダニエル・カン(韓国名カン・ヒョリム)といった韓国系選手たちも出場するが、韓国勢の中でも世界ランク上位にある者たちはこぞって欠場する。

【写真】「実はあの美人プロも」世界で活躍する韓国系女子ゴルファー

世界ランク1位のコ・ジンヨン、3位のパク・ソンヒョン、6位のキム・セヨン、10位のキム・ヒョージュ、11位のパク・インビ、13位イ・ジョンウン6、14位のユ・ソヨンなどだ。

「安全を最優先に様子を見よう」

いずれも有名な実力者で東京五輪出場の有力候補たちでもあるが、アメリカを主戦場としてきたはずの彼女たちが米国女子ツアーの再開に足踏みするのは、依然として払拭されない新型コロナへの不安があるからだという。

(写真提供=KLPGA)世界ランキング1位のコ・ジンヨン

コ・ジンヨンやパク・ソンヒョンのマネージメントを担当するセマ・スポーツの関係者に『スポーツソウル』ゴルフ担当が聞いたところによると、「アメリカ入国後の2週間の自主隔離は解除されたが、移動中や日常生活で感染の危険もあるし、大会前の数回の検査義務や大会期間中の移動制限など、負担も多い。選手と話し合い、安全を最優先に様子を見ようということになった」という。

新型コロナウイルス感染者数が400万人を超えるだけではなく、マスク着用やソーシャルディスタンスの確保が徹底されていないアメリカの状況は、韓国に比べると無防備に映って危険で不安だというわけだ。

彼女たちは春先には韓国に戻っており、現在もアメリカにはいない。

前述したエイミー・ヤン、チョン・インジはすでにアメリカに滞在しているが、韓国の世界ランク上位8人はいずれも現在は韓国の済州島(チェジュド)にいる。

イ・ボミも出場、米国ツアー勢が揃い踏みの国内第9戦

7月30日から始まった韓国女子ツアー、国内第9戦「済州サンダースマスターズ」(賞金総額8億ウォン=約8000万円)に出場するためだ。

同大会にはイ・ボミ、イ・ミニョン、ぺ・ソンウら日本女子ツアー勢も出場するが、注目はやはり米国女子ツアー勢となる。

7月29日に行われたメディアデーでもユ・ソヨン、キム・ヒョージュ、イ・ジョンウン6、コ・ジニョンらが揃い踏みで、とりわけ2月の米国女子ツアー「オーストラリア女子オープン」での優勝以来、約5カ月ぶりに活動を再開させるパク・インビへの注目は高い。

写真提供=KLPGA)左からイ・ボミ、イ・ジョンウン6、ユ・ソヨン、ユ・ヘラン、パク・インビ、コ・ジンヨン、オ・ジヒョン、キム・ヒョージュ、パク・ヒョンギョン

済州はパク・インビの故郷でもあるため、凱旋ムードであるし、コ・ジンヨンとの「新旧世界1位対決」などメディアも大盛り上がりだ。

ちなみにパク・インビは今回の「済州サンダースマスターズ」と、8月7~9日に慶州(キョンジュ)で行われる「オレンジライフ・チャンピオンズトロフィー朴仁妃インビテーショナル」に出場後、渡英する予定だという。8月20日からスコットランドで行われる米国女子ツアーの今季メジャー初戦「AIG全英女子オープン」に出場するからだ。

全英オープン出場を見合わせた選手たち

すでにコ・ジンヨン、パク・ソンヒョン、キム・ヒュージュらは全英オープンの出場を見合わせ、前出のメディアデーではユ・ソヨンも「出場しないことにした」と明かしているが、パク・インビは全英オープン出場後にアメリカに向かい、米国女子ツアーに参加するらしい。

マネージンメント担当者によると、コ・ジンヨンらパク・ソンヒョンらも全英オープン後にはアメリカでツアー生活を再開させたいと考えのようで、キム・セヨンなどは韓国ツアー出場のために呼んだアメリカ人キャディーを帰国させ、米国ツアーへの準備を進めているという。

(写真提供=セマ・スポーツ・マーケティング)パク・ソンヒョン​​​​​​

韓国では「ハイワンリゾート女子オープン2020」(8月20日~)、今季メジャー2戦目の「ハンファ・クラシック2020」(8月27日~)、「オールフォーユーrenomaチャンピオンシップ2020」(9月10日~)ら3大会の中止が最近発表され、8月は「2020デユウィニアMBN女子オープン」(8月14~16日、賞金総額7億ウォン=約7000万円)のみが開催されることになった。

それだけにパク・インビ、コ・ジンヨン、パク・ソンヒョンらが揃い踏みの「済州サンダースマスターズ」には俄然、注目が集まりそうだ。

(文=慎 武宏)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集