女子バレー韓国代表のキャプテンが文大統領の指名で「おかげさまチャレンジ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子バレーボール界のスーパーエースであるキム・ヨンギョンが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領からの指名で「#おかげでチャレンジ」に参加した。

「#おかげでチャレンジ」とは、「尊敬」を意味する手話の写真や動画をSNS上で投稿し、新型コロナウイルス感染症の克服のために最前線で奮闘する医療陣や関係者に感謝の気持ちを表すキャンペーンのこと。去る4月16日から韓国内で始まり、多くの人が賛同の意を示している。

【写真】著名人も反応する韓国代表キャプテンの“ボーイッシュな私服姿”

キム・ヨンギョンは4月28日、自身のSNSを通じて手話動作している姿を掲載した。

「文在寅大統領に指名されて#おかげでチャレンジに参加した。韓国の新型コロナウイルス感染症の対処は国外で絶賛されている。特に国外で活躍する私は、周りの外国人の友人から韓国はすごい国だと褒められるたびに、大韓民国の国民だということに誇らしく思った」と述べた。

キム・ヨンギョンはまた、「政府の立派な対応と医療陣の犠牲と献身のおかげだと思う。厳しい中でも韓国国民のために、自分自身と戦いながら最善を尽くして治療してくださった医療陣の方々を尊敬する」と付け加えた。

4月27日に#おかげチャレンジに参加した文大統領は、「バレーボールコートでも、自己隔離でもワールドクラスの品格を見せている」とキム・ヨンギョンを次の走者に指名した。

(写真=キム・ヨンギョンSNS)

文大統領に指名されたキム・ヨンギョンは4月15日にトルコから帰国し、2週間自主隔離した。キム・ヨンギョンはSNSで隔離生活を紹介し、ファンとコミュニケーションを図った。新型コロナウイルス検査で陰性判定を受けたキム・ヨンギョンは、4月30日に自宅隔離が解除となり、屋外での個人トレーニングを始めている。

なお、キム・ヨンギョンは次の走者としてタレントのキム・スクと俳優のカン・ソラ、サッカー選手のペク・スンホを挙げた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集