ACLで4チーム合計わずか1勝のKリーグ勢…“2017年の悪夢再来か”と韓国メディア嘆く

2020年03月06日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりに厳しい船出となった。史上最悪のシーズンとも評される2017年の悪夢が再現されるかもしれない。

【写真】韓国サッカーを盛り上げる「美しすぎる応援美女」たち

2020シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が開幕してからというもの、Kリーグ勢が序盤から苦戦を強いられている。

今シーズンは昨年度Kリーグ王者の全北現代モータース、2位の蔚山現代FC、3位のFCソウル、そしてFAカップで優勝した水原三星ブルーウィングス(リーグ4位)が出場しているが、ここまで4チーム合計6試合を戦い、わずか1勝しか挙げられていない(1勝2分3敗)。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)落胆する全北現代モータースの選手たち

結果のみならず、試合内容においても相手を圧倒した試合を見つけるのは難しい。FCソウルが第1節でメルボルン・ヴィクトリー(オーストラリア)に勝利した以外は、どのチームも勝ち点獲得に苦労している。

不安なスタートを切っているのを見るに、Kリーグ勢が過去最大級の不振を見せた2017シーズンが思い返される。

“悪夢”と呼ばれる2017シーズンACLでは何があった?

2017シーズン、KリーグからはFCソウル、蔚山現代、済州ユナイテッドFC、水原三星がACLに参戦した。前年度に10年ぶりのACL王者となった全北現代は、審判買収問題によって2017シーズンの本選出場資格をはく奪されていた。

グループステージが開幕し、第1節終了時点でKリーグ勢の成績は1分3敗だった。水原三星が辛くも勝ち点1獲得に成功し、残る3チームはすべて敗北を喫する最悪なスタートとなった。

第2節では済州ユナイテッドと蔚山現代が初勝利を挙げ、ここから気勢を上げるかのように見えた。しかし、結局2017シーズンのACLでベスト16に進出したのは済州ユナイテッドだけにとどまった。その済州ユナイテッドもベスト8進出には失敗し、Kリーグのプライドを大きく傷つける結果となった。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)2017シーズンのACLベスト16で浦和レッズに敗れ、肩を落とす済州ユナイテッドFCの選手たち

Kリーグ勢がベスト8前で全滅したのは、2009シーズン以来8年ぶりのことだった。

2020シーズンも、Kリーグ勢は序盤から早くもピンチを迎えている。新型コロナウイルス感染症の影響による国内リーグの開幕延期が、今後の戦いに大きく響くことになりそうだ。

あまりにふがいない今シーズンの戦いぶり

とはいえ、シーズン序盤からここまでKリーグ勢が力を発揮できないのは予想外だ。

国内リーグ3連覇を達成した全北現代は、アジア全体でも競合の部類に入ることは間違いない。だが、グループステージ2試合を戦ってどちらの試合も退場者を出し、2試合で合計4失点を喫しているのはあまりにふがいない。

水原三星の戦いぶりにも失望せざるを得ない。

特にグループステージ第2節、アウェーとはいえ、マレーシアのチームであるジョホール・ダルル・タクジムに勝ち点1すら得られなかったのは、ファンも予想できなかったことだろう。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)水原三星ブルーウィングス

ACLも、新型コロナの余波を受け3~4月の日程を大幅に延期した。ACLを戦うKリーグ勢にとって、5~6月は強行日程をこなすことになりそうだ。

グループステージ序盤で貴重な勝ち点を逸したことが、後々大きな負担となる可能性は高い。

ACLを戦うKリーグ勢が、この先どのような戦いぶりを見せてくれるのか、注目が集まる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事