Kリーグ「マスコット班長選挙」の結果が発表…1位に輝いたマスコット、どんな顔?

2020年02月27日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kリーグの各クラブのマスコットを対象とした“班長選挙”が行われ、初代班長には水原三星のアギルレオンが当選した。

【写真】韓国サッカーが生んだ「美しすぎる応援美女」がスゴい!

韓国プロサッカー連盟は2月26日、オンライン放送プラットフォーム「アフリカTV」を通じて2020シーズン「Kリーグマスコット班長選挙」の結果を公開した。

本来は同日に予定されていたKリーグメディアデーで、22クラブのマスコットが集まり、班長の腕章を手渡すイベントが行われる計画だったが、新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン放送となった。

2月17日10時から25日0時まで行われた班長選挙には、8万5125票の投票があった。水原三星のアギルレオンと大邱FCのリカが終盤まで接戦を繰り広げたが、開票3日前から非公開となっていたことで、ファンはこの日の開票放送を心待ちにしていた。

Kリーグを代表する班長腕章は、アギルレオン(水原三星)に渡された。班長は2020シーズン、Kリーグ各種イベントの優先招待をはじめ、次期シーズン班長選挙で番号1番になるなど恩恵を受ける。

水原三星のアギルレオン

2020シーズンの班長に任命されたアギルレオンは、1万7576票を受けた。副班長には大邱FCのリカ(1万6086票)と、仁川ユナイテッドのユーティ(4693票)が当選した。

韓国プロサッカー連盟は、Kリーグ22クラブのマスコットを広く知ってもらおうと、今回のKリーグマスコット班長選挙を企画した。今後は毎年オフシーズン期間に行い、前年度の投票結果に基づいて番号を振り分けるなど、班長選挙を定着させる予定だ。

左からリカ(大邱FC)、アギルレオン(水原三星)、ユーティ(仁川ユナイテッド)

以下、Kリーグマスコット班長選挙の開票結果。

1位:アギルレオン(水原三星)1万7576票

2位:リカ(大邱FC)1万6086票

3位:ユーティ(仁川ユナイテッド)4693票

4位:チャンアンチャングン(水原FC)4328票

5位:セドリ(浦項スティーラーズ)4219票

6位:ブォンブォンイ(忠南牙山)4175票

7位:カムギュリ(済州ユナイテッド)3373票

8位:カオ(城南FC)2690票

9位:ゴンホ(蔚山現代)2597票

10位:トクディ(釜山アイパーク)2308票

11位:チャジュ(大田ハナシチズン)2296票

12位:カンウンイ(江原FC)2204票

13位:バティ(FC安養)2203票

14位:チョア(全北現代)1935票

15位:パシー(大田ハナシチズン)1924票

16位:ロニー(安山グリナーズ)1882票

17位:キョンナミ(慶南FC)1868票

18位:ヘル(富川FC 1995)1811票

19位:チョルリョンイ(全南ドラゴンズ)1801票

20位:ボニー(光州FC)1766票

21位:レウル(ソウルイーランドFC)1753票

22位:シード(FCソウル)1637票

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事