W杯で“日韓戦”なるか!信頼と根気のベント・コリア…16強は偶然ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のサッカー韓国代表を作ったのは、チーム内部の信頼とリーダーの根気だった。

【動画】“日韓戦”惨敗の韓国代表、悲痛な帰国現場

パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表は、カタールW杯で韓国サッカーの新しい地平を切り開いた。

ポルトガル、ウルグアイ、ガーナなど各大陸を代表する強者との戦いで競争力を発揮し、1勝1分1敗でグループ2位となり、12年ぶりにW杯ベスト16入りを果たした。

結果だけが重要なのではない。グループリーグを通過する過程自体が素晴らしく、ドラマチックだった。 

韓国代表は3試合でいずれも自分たちのスタイルで勝負に臨んだ。相手に合わせて戦略を変えたわけでも、弱者が強者相手によく使う守備重視でカウンター狙いのサッカーで戦ったわけでもない。

ビルドアップを意識したサッカーで、そのレベルは高く一貫性があった。チームが追求し、4年間磨いてきた「自分たちのサッカー」で内容だけではなく結果まで得たという点が印象的だ。

アジア杯敗退、“日韓戦”完敗で進退問題も

 

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集