日本不買運動の影響が続く…韓国で10月の日本車販売台数が58.4%減、4カ月連続マイナス

2019年11月05日 社会 #日本不買運動
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国における日本車の販売台数が、10月も急減した。

4カ月間続いている“日本不買運動”の影響と見られる。

【ルポ】日本不買運動の影響か…韓国で高級家電「バルミューダ」が苦戦

韓国輸入自動車協会は11月5日、日本系ブランドの乗用車の新規登録台数が1977台で、前年同月比58.4%減だったと明らかにした。

日本車の販売数は、不買運動が始まった7月(2674台)は前年同月比17.2%減だった。その後、8月(1398台)に56.9%減と大幅に減少し、9月(1103台)も59.8%減を記録した。

今年に入って日本車の累計販売台数は3万634台で、前年同期比13.1%減となった。

日本車は今年上半期まで前年同期比10.8%増となっており、過去最高の販売台数を記録していた。

ブランド別では、レクサスが456台で1年前に比べて77.0%減少した。トヨタ(408台)は69.6%減、日産(139台)も65.7%減だった。ホンダ(806台)は8.4%減少した。

(写真提供=韓国TOYOTA自動車)

一方で、メルセデス・ベンツコリアは8025台を販売し、韓国市場で輸入車史上最多記録を打ち立てた。ベンツの販売は前年同期比26.0%増となり、シェアが36%を超えた。ベンツの販売台数は、2位BMW(4122台)の倍近い数字となった。

さらにアウディ(2210台)が533.2%増となった。ジープ(1361台)とボルボ(940台)もそれぞれ97.2%増、36.8%増となった。

10月の輸入車新規登録台数は2万2101台で、前年同月比6.2%増加した。2018年11月以降、最も多い数字だ。今年に入っての累計は18万9194台で、前年同期(21万7868台)13.2%減だった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事