韓国人観光客は“半減”も日本の旅行収支は過去最高…日韓観光客の「意外な共通点」とは

2019年10月19日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の財務省が発表した8月の「旅行収支」が、8月としては過去最高を記録したという。

旅行収支は、旅行者のお金の出入りを示すもので、1518億円の黒字だった。

【関連】韓国人の日本旅行vs日本人の韓国旅行。減少で経済成長率により打撃を受けるのは?

今年8月といえば、11カ月ぶりに訪日外国人観光客数が減った(前年同月比2.2%減)ことで話題となったが、8月最高の黒字ということは、1人当たりが日本で使うお金が増えたことになるだろう。

そもそも8月の訪日外国人観光客が減ったのは、韓国の影響が大きい。

韓国では日韓関係の悪化で「日本不買運動」が拡大し、「日本旅行ボイコット」も起きた。その影響を受ける韓国航空会社も少なくないほどだ。

その結果、8月に日本を訪れた韓国人観光客数は30万9000人と、前年同月比48%減に。文字通り、半数になったわけだ。

仁川国際空港

にもかかわらず、今回発表された「旅行収支」では8月の過去最高黒字となっているため、韓国人観光客が日本でお金をあまり使っていないということがわかる。

韓国人観光客は日本で“お金”を使わないr理由

ただそれは以前から指摘されていたことだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事