韓国雑踏事故の哀悼終わるの待っていた?日本を訪問した市議員・公務員に非難のワケ

2022年11月13日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の京畿道(キョンギド)・城南(ソンナム)市の公務員と議員が、梨泰院(イテウォン)で発生した大規模な雑踏事故による国家哀悼期間が終了するや否や、海外研修に行った事実が後になって明らかになり、物議を醸している。

【画像】「胸痛い」梨泰院事故に韓国語で追悼した日本人女優

11月12日、市民団体「城南を変える市民連帯」によると、城南市の公務員3人と議員2人が、今月7日から11日までの4泊5日の日程で、海外の優秀な博物館のベンチマーキングのため、日本の岡山、大阪、名古屋を訪問したことがわかった。

“梨泰院惨事”の痛みの余韻が消えないなか、国家哀悼期間が終わるのを待っていたかのように海外研修に行ってきたのだ。

韓国では先月29日、ソウルの繁華街・梨泰院で大規模な雑踏事故が発生。死者156人、負傷者157人を出す惨事となり、政府は11月5日24時までを国家哀悼期間としていた。

国外出張の中止が発表されていたが…

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集