eスポーツ界からも善良な影響…韓国の『LoL』トッププレイヤーFakerが5000万ウォンを寄付

2022年01月04日 社会 #eスポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

eスポーツ界最高のスター“Faker”ことイ・サンヒョクが、ソウル社会福祉共同募金に5000万ウォン(約500万円)を寄付した。

【関連】 “神”であり“魔王”、韓国最強ゲーマーFakerとは?

イ・サンヒョクは今回一度きりの寄付ではなく、継続して寄付活動を続けている。理由については、「新型コロナの長期化で誰もが苦しい時期が長くなり、寒い冬を過ごす隣人を助けようと寄付を決心した」と明かした。

今回の寄付金は、マスク・消毒剤など影響を大きく受けた人たちのための物品支援、多重利用施設の防疫支援、医療スタッフへの支援金などに使われる予定だ。

(写真提供=T1)イ・サンヒョク

なお、イ・サンヒョクは、『LoL(リーグ・オブ・レジェンド)』史における“生きた伝説”と称されるトッププレイヤーだ。2013年のデビュー以来、世界大会である『LoLワールドチャンピオンシップ』での3回の優勝をはじめ、『LoLチャンピオンズ・コリア』9回優勝など、空前絶後の記録を保有している。

韓国eスポーツ界の闇…eスポーツの賭博合法化に立ちはだかる“最大最悪”の事件とは

韓国で“格ゲー”が流行っていないワケとは?

16歳未満の深夜帯のゲームを禁止する韓国の「シャットダウン制度」、導入10年で廃止が議決

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集