サムスン電子のイ副会長、国民に直接謝罪へ…グループ継承・労組問題で

2020年05月06日 社会 #サムスン #財閥問題
このエントリーをはてなブックマークに追加

サムスン電子の李在鎔(イ·ジェヨン)副会長が5月6日、経営権の継承問題や労組問題などと関連して直接、韓国国民への謝罪に乗り出す予定だという。

5月6日、財界などによると、李副会長はサムスン遵法監視委員会の勧告を受け入れ、同日午後、謝罪文を発表する予定だという。

李副会長が直接、国民向けの謝罪を行ったのは2015年6月の中東呼吸器症候群(MERS)事態当時、サムスン・ソウル病院の責任について謝罪して以来5年ぶりのことだ。

【全文】“麻薬疑惑”が浮上したサムスン電子イ・ジェヨン副会長…同社は強く否定

今回の謝罪は、金知衡(キム·ジヒョン)前最高裁判事を委員長とするサムスン遵法監視委員会の勧告によるものだ。

サムスン遵法監視委は3月11日、李副会長に経営権継承疑惑、労組問題などについての反省を盛り込んだ国民向けの謝罪を勧告した。

国民向け謝罪の1回目の期限は先月10日だったが、サムスン側が「新型コロナ・ウイルス感染症の拡散で、勧告案の議論に時間が予想より長くかかっている」と期限延長を要請し、今月11日に延長された。

サムスン電子の李在鎔(イ·ジェヨン)副会長

サムスンは昨年8月、李副会長の差し戻し判決直後、「過去の過ちが繰り返されないよう、企業の本来の役割を忠実に果たす」と謝罪し、昨年12月に労組瓦解容疑の有罪判決を下し、今年2月には役職員の市民団体後援の無断閲覧についても公式に謝罪している。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集