金正恩氏に関する日本のテレビ番組が“ありえないミス”…「謝罪と訂正報道の意思を表明した」

2020年05月05日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のテレビ番組が北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席の夫人写真として、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の夫人であるキム・ジョンスク氏の写真を使用するミスを犯した。

【注目】「国家的な恥さらしだ」金正恩氏フェイクニュース脱北者に非難殺到

BSテレ東の時事番組である『日経プラス10』は5月2日の放送で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の潜伏説を取り上げ、家族関係図の資料画像を使用した。

ところが金日成主席の妻であり、金正日(キム・ジョンイル)総書記の母であるキム・ジョンスク氏の写真として、文大統領の夫人キム・ジョンスク氏の写真を使った。金日成主席の妻とキム・ジョンスク氏は、発音や漢字まで同一の同姓同名だ。

BSテレ東は謝罪と訂正報道の意思を明らかにした。

『日経プラス10』の放送

キム・エギョン海外言論秘書官は同日、韓国大統領府担当記者たちに「日本のBSテレ東の時事番組である『日経プラス10』が5月2日付の放送で、金日成主席の夫人の写真として(文大統領の妻である)キム・ジョンスク氏の写真を使用したことと関連し、当該放送局側が5月4日、文書を通じて謝罪と訂正報道の意思を表明した」とし、「具体的な謝罪表明の方法と訂正については協議中」と伝えた。

(写真提供=韓国大統領府)キム・ジョンスク氏(左)と文在寅大統領

キム・ジョンスク氏が金日成主席の妻と同姓同名であることから、今回のミスが起きたと考えられる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集