「国家的な恥さらしだ」金正恩氏フェイクニュース脱北者に非難殺到

2020年05月03日 社会 #韓国政治 #北朝鮮
このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が20日ぶりに姿を現し、金委員長の健康異常説や死亡説を主張してきた脱北者出身の未来統合党国会議員当選者であるテ・グミン(旧名テ・ヨンホ)氏と未来韓国党国会議員当選者チ・ソンホ氏に対する批判が相次いでいる。

5月2日、朝鮮中央通信によると、金委員長は前日、平安南道順天(ピョンアンナムド・スンチョン)の仁肥料工場の竣工式に出席し、竣工テープを切って工場の随所を視察するなど、健在をアピールしたという。

【写真】「キム・ジョンウン」と同姓同名の美人女優の困った現状とは?

金委員長が公式の場に姿を現したのは、3月11日に労働党政治局会議を主宰して以来、20日ぶりだ。

金委員長が政権獲得後、初めて金日成(キム・イルソン)主席の誕生日である太陽節(4月15日)に錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝しなかったことで、一部の北朝鮮専門メディアやアメリカのCNNなどは、金委員長の健康異常説を報じた。一部では死亡説も流れた。

特に、北朝鮮出身者の主張が強かった。北朝鮮の外交官出身の脱北者テ・グミン氏は4月28日、CNN放送とのインタビューで「ひとつ明らかなことは、金委員長が自ら立ち上がったり、まともに歩いたりできない状態だということだ」と述べた。

また、北朝鮮のコッチェビ(北朝鮮の浮浪児という意味)出身の脱北者チ・ソンホ氏は前日、「北朝鮮内部の消息筋を通じて確認した結果、金委員長が心血管側の手術を受けた後、ショック状態で先週末死亡したと聞いている。99%確信する」と述べた。

しかし彼らの主張がフェイクニュースだと判明すると、批判が殺到している。

これまで「北朝鮮に特異な動向が識別されていない」という立場を維持してきた青瓦台(チョンワデ=韓国大統領府)が批判の立場を示した。

聯合ニュースによると、大統領府の主要関係者は「テ氏とチ氏らの言及は無責任な発言だった。政府の公式立場と対立する“死亡説”、“危急説”などを主張するには根拠を持って責任を持たせなければならなかった」と明らかにした。

朴範界(パク・ボムゲ)民主党議員はこの日、自身のSNSを通じて「チ・ソンホ、テ・ヨンホ両国会議員当選者は近く国民の代表として国会議員になる。すべての国家機関と公共機関に対する情報の接近要求が可能だ。どこまで許すつもりか。どれほど信じられるか。この数日間、国民を不安にさせた扇動はどう責任を負うのか」と指摘した。

このほかにもSNS上には批判が続いた。

与党のチェ・ガンウク国会議員当選者は「脱北者のフェイクニュースが国会を通じて流布される危険が生じたから…」と皮肉った。

市民党のチェ・ホンゴル国会議員当選者も「まるで自分が直接北朝鮮に行って見てきたかのように偽ニュースを流布し、政府に対して“非常事態なのに、なぜ対策がないのか”と脅していたマスコミと政治家、自分たちだけが恥をかくのではなく、国家的な恥さらしだと今でも悟ったのなら、これからはどうか自制してほしい」と呼びかけた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集