コロナ疲れ?自宅隔離期間に1時間外出した3人を検察に送致「懲役または罰金」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、韓国ではすべての海外入国者に2週間の自宅隔離を強制している。その隔離措置を違反した留学生3人が起訴意見で検察に送致された。

【注目】隔離期間中に恋人と日本旅行した韓国人ダンサー、ようやく謝罪

江陵(カンルン)警察署は4月17日、自宅隔離を守らず無断で外出した疑い(感染症予防法違反)で立件したAさん(31)、Bさん(17)、Cさん(31)の3人を検察に起訴意見で送致したと発表した。

去る3月24日にイギリスから韓国に入国したAさんは、自宅隔離中であった3月29日に1時間ほど外出しており、3月27日にアメリカから入国したBさんも3月30日に1時間ほど無断外出していたことがわかった。

Cさんは4月1日にアメリカから入国したが、4月7日に自宅から無断で離脱した。

4月7日、仁川国際空港から入国する人々

警察の調査の結果、彼らは自宅隔離中に外の空気に触れたり、運動したりするために隔離場所から離れただけで、移動の過程で接触者はいなかったという。

自宅隔離を違反した人に対する罰則は、4月5日から「1年以下の懲役または1000万ウォン(約100万円)以下の罰金」に強化されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集