パク・ボゴム&コン・ユがダブル主演の『徐福』。監督が注目される理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『徐福』というと、人気絶頂のパク・ボゴムとコン・ユのダブル主演が日本で話題になっているが、韓国の報道を見ていると、演出を務めるイ・ヨンジュ監督の久しぶりの作品ということで注目を集めている。

【関連】2020年に公開される映画で最大の話題作は『徐福』

このイ・ヨンジュ監督は、傑作の『建築学概論』でよく知られている。

同映画は恋愛映画で初めて観客400万人を突破して初恋ブームの社会現象を巻き起こした。どんなストーリーだったのか。

建築学科に通う大学1年のスンミン(イ・ジェフン)は、建築学概論の授業で音楽科の女子学生ソヨン(ペ・スジ)に出会い、ひと目で恋に落ちた。

しかし恋愛ではいささかオクテなスンミン。なかなか告白できないまま、小さな誤解からソヨンと疎遠になってしまう。

『建築学概論』

それから15年後。

建築家になったスンミン(オム・テウン)のところにソヨン(ハン・ガイン)が「家を建ててほしい」と突然現れる。

建築の過程でソヨンの素性が次第に明らかになるにつれて思い出がよみがえり、再び彼女に恋心を抱くスンミン。しかし、ソヨンには婚約者がいた……。

こういう物語なのだが、『建築学概論』の脚本と演出を担当したのがイ・ヨンジュ監督だった。

この監督は、延世(ヨンセ)大学の建築学科で学び、建築士として10年間勤めた後に映画の世界に入った。優秀な監督の作品を手伝いながら映画を学び、時間をかけて『建築学概論』の脚本を書き上げた。

その後、商業映画で監督デビューをはたし、2012年に『建築学概論』を演出して大ヒットを飛ばした。

理科系出身の演出家らしく緻密な構成で物語を作っていくイ・ヨンジュ監督。2人の人気俳優をダブル主演にして映画『徐福』をどのように作っていくのか。その手腕が期待されている。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事