GFRIEND、Big Hit合流後に初のアルバム発売へ。“パワーアップに期待大”

2020年01月16日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPガールズグループ「GFRIEND」(ジーフレンド/韓国ではヨジャチング)が1月16日、グローバル公式ファンコミュニティー「GFRIEND Weverse」を通じて来る2月3日にミニアルバム『回:LABYRINTH』をリリースすることを知らせた。

【関連】GFRIEND、英国BBCのドキュメンタリーに出演「K-POP女性グループを代表して」

昨年7月に発表したミニアルバム『FEVER SEASON』以来、約7カ月ぶりのカムバックとなる。

GFRIENDの新しいミニアルバム『回:LABYRINTH』は、所属事務所のSOURCE MUSICがBig Hitエンターテインメントの傘下レーベルになってから初めて披露するアルバムで、これまでの成長を糧にして新たな章をスタートさせる見込みだ。

特に、デビュー5周年の記念日である1月16日にカムバックを知らせたことで、ファンをさらに喜ばせている。

1月18日にはソウル・オリンピック公園のオリンピックホールにて単独ファンミーティング「Dear. Buddy - Make a Wish」を開催。これまで特有の感受性とパワフルなパフォーマンスで人気を集めたGFRIENDが新しいアルバムでどんな姿を披露するか、注目が集まる。

(写真提供=SOURCE MUSIC)

GFRIENDは、2015年1月にデビューアルバム『Season of Glass』でデビューした6人組ガールズグループ。

健康的でパワフルなダンスパフォーマンスが大ヒットし、“パワー清純”という独自のコンセプトを構築した。2018年5月にキングレコードから日本デビューを果たす。

韓国の所属事務所SOURCE MUSICは、2019年にBTS(防弾少年団)が所属するBig Hitエンターテインメントに買収された。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事