別名「サセン」の暴走ぶりとは…ストーカー行為に悩まされるK-POPアイドルたち

2019年12月23日 話題 #BTS #TWICE
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPアイドルの“ストーカー被害”が深刻さを増している。

紅白歌合戦にも出場するガールズグループTWICEの所属事務所JYPエンターテインメントは最近、「TWICEのストーキング問題と関連して、管轄警察署への身辺保護要請を完了した。現在は自社及び清潭(チョンダム)地域で当該の措置を実行中」と伝えた。

以前からTWICEはネット上で、ストーキングと見られる書き込みに悩まされてきた。これまでも法的対応などの強力な措置をとるとしてきたが、警察署への身辺保護要請はあまり聞かない対応だろう。

【注目】元KARAのク・ハラを苦しめ追い詰めた「悪プル」とは?

それほど被害が深刻ということに他ならない。

TWICE

苦痛を訴えるアイドルが続出

TWICEだけではない。世界的な人気グループとなったBTS(防弾少年団)のメンバーも、厳しい言葉を伝えた。

BTSのVは最近、ネット放送を通じて「チャーター便に乗るしかなかった」と切り出し、「本当は僕たちも旅客機に乗りたいけれど、長距離移動があることを知って僕たちの前や隣の席を手配する方々がいらっしゃる。どうしてもプライベートな空間で気楽に休めず、大変不便だった」と明かした。

さらに「そういった行為はしないでほしい。ここまでやるのか。怖いという気持ちだ。本当に怖い」と訴えた。

他にも、GOT7のヨンジェがSNSを通じて「お願いだから、韓国人でも外国人でも電話をやめてください。本当に気が狂うのを見たくなければ。昼夜を問わず電話してくるから、睡眠もとれない」と苦痛を吐露している。

BTSのV

EXOのカイも「ホテルの前にファンがいるようだが、警察を呼ぶ。早く行け」と警告した。

芸能人にとって自らを応援してくれるファンは大切な存在だが、私生活まで追いかけ回す一部の熱狂的なファンのストーカー行為は、悩みの種以外のなにものでもない。

韓国ではそのようなストーカー行為を繰り返す過激なファンを「私生活(サセンファル)に追い回すファン」という意味で、“サセンファン”と呼ぶ。

盗聴器や監視カメラ、自宅侵入も

サセンファンの暴走は尋常ではない。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集