元KARAのク・ハラを苦しめ追い詰めた「悪プル」とは。韓国で再燃するコメント規制論

2019年12月02日 話題 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国はもちろん、日本でも絶大な人気を誇ったガールズグループKARAの元メンバーで歌手のク・ハラが、11月24日に自ら命を絶った。

【関連】元KARAク・ハラが残した“メッセージ”…なぜ韓国アイドルの死が相次いでしまうのか

続報や関連報道が日本でも連日のように報じられているのでここでは言及を避けるが、今、韓国で議論されているのがインターネット上に氾濫する「悪プル」の規制だ。

悪プルとは「悪性Repl(リプライ)」の略語。日本でいうところの悪質コメントや中傷リプのことで(以下は「悪質コメ」とする)、ク・ハラは自身のSNSなどに執拗に寄せられる悪質コメに苦しんでいた。

ク・ハラだけではない。

10月14日に自ら命を絶ってしまったガールズグループf(X)の元メンバー、ソルリも悪質コメに悩まされていた。仲の良かった友人同士で知られていたク・ハラとソルリは、くしくも同じ悩みを抱えていた。

ク・ハラ(左)とソルリ

こうしたことから韓国では今、悪質コメの規制強化が提起されており、「インターネット実名制」の必要性が叫ばれている。

「インターネット実名制」とは、インターネット利用者の実名と住民登録番号(日本のマイナンバーのようなもの)が確認できてこそ、ニュースのコメント欄や掲示板に文章を残せるという制度だ。

10月に韓国の世論調査機関リアルメーターが実施した「オンライン書き込み実名制の導入に対する国民世論調査」では、賛成が過半数を大幅に超えた。韓国の19歳以上の成人502人を調査した結果、「非常に賛成」(33.1%)、「賛成するほうだ」(36.4%)の合計が69.5%だった。

逆に「非常に反対」(8.9%)と「反対するほうだ」(15.2%)は計24.0%。「無回答」が6.5%だった。

自ら命を絶った韓国の国民的女優とは?

もっとも韓国でインターネット実名制の導入については、2008年にも議論された。そのきっかけとなったのも、有名芸能人の自殺だった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事