【全文】元KARAの知英(ジヨン)、故ク・ハラを追悼。「たくさんの愛をもらった。私がごめんね」

2019年11月29日 話題 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

KARA出身の知英(ジヨン)が、この世を去ったク・ハラを追悼した。

【関連】ク・ハラの死去に世界が騒然…「人間の尊厳を踏みにじる残酷な産業」と米メディア

知英は11月28日、自身のインスタグラムに故ク・ハラとのツーショットを掲載し、切ないメッセージと共に故人を偲んだ。写真の中の2人は、ダンス練習室と思しき場所で足を揃え、鏡越しにポーズを撮っている。

当該の投稿を通じて「私たちは、ただただ私たちが表現したいこと、やりたいことをしながら生きている。誰だって孤独に決まっている」と切り出した知英は、「オンニ(お姉さんを意味する韓国語。ここではク・ハラのこと)の愛嬌たっぷりな笑顔、カエルみたいに小さな足、とても強くていつも温かく私を掴んでいてくれたオンニの手」とク・ハラの生前の明るい姿を思い浮かべた。

また、「触ったら折れてしまいそうなほど純粋で情が深く、そしてか弱い大切なオンニ。私たちはオンニのすべてを忘れないよ。オンニがいつも“愛している”と言ってくれたように、私もたくさん“愛している”と伝えるね。一生懸命生きてみる。本当にごめんなさい。ありがとう。愛している」と、ク・ハラへの思いも綴った。

知英は最後に「自分自身を愛してください。でも、私がごめんね。本当に今までありがとう」と日本語の書き込みも残している。

「どうか自分自身と向き合って…」

(写真=知英Instagram)

以下、知英のインスタグラム投稿全文。

私たちは、ただただ自分の表現したいこと、やりたいことをやって生きているんです。誰だって孤独です、私たちは最初からこの地にそのように生まれたのだから。

お母さんのお腹から出てきたその瞬間から、もしかしたら知っていることなのかもしれません。だから自分が何を望むのか、自分にとって一番大切なものを正確に理解して、生きていくうえで自分の願望に100%率直になって、自分自身と対面してみてください。

どうか愛で満たしてください。表現してください。大切にしてください。自分自身を、そしてあなたを愛してくれる人々を。私がそれを実現するのではなく、それが私を導き、そして私を通じて(みんなも)それを実現できると信じます。

いつも心が疲れることのない幸せが、共にありますように…#

オンニの愛嬌のある笑顔も、カエルみたいに小さな足も。とっても力強くて、いつも私を温かく掴んでいてくれたオンニの手も。触れたら今にも折れそうなぐらい純粋で情が深くて、か弱くて大切なオンニのすべてを忘れないよ。オンニがいつも私に「愛している」と言ってくれたように、私も「これからもたくさん愛している」と伝えるよ。一生懸命生きてみる。本当にごめんね。ありがとう。愛している。

自分自身を愛してください。

でも、私がごめんね。本当に今までありがとう。

ご冥福をお祈りします。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事