IZ*ONEにも飛び火した『PRODUCE』の“投票操作疑惑”、被害者は誰か

2019年11月11日 話題 #IZ*ONE
このエントリーをはてなブックマークに追加

日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)がデビュー以来最大の危機に直面している。

10月29日にデビュー1周年を迎え、韓国では来る11月11日にファン待望の1stアルバム『BLOOM*IZ』をリリース予定だったが、それが延期となってしまったのだ。

韓国ではそれに合わせたカムバック・ショーケースライブの生放送が予定されたり、プロモーションを兼ねて多数の音楽番組やバラエティ番組の出演が予定されていたが、11月8日にそのすべてが延期されることになった。

IZ*ONEのメンバーには宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美といった元AKB48グループの日本人メンバー加わっているだけに、日韓で大きなニュースになっている。日本人メンバーたちは韓国でも人気だけに、日韓の“WIZ ONE”(IZ*ONEのファンたちを総称する言葉)も心配でやきもきしていることだろう。

【写真】 宮脇咲良ら日本人メンバーが韓国で愛されるワケ

日本と韓国で絶大な人気を誇る彼女たちがデビュー以来最大の危機に直面しているのは、彼女たちを生み出したオーディション番組『PRODUCE』シリーズが“疑惑の渦中”にあることと関係している。

韓国の音楽専門チャンネルMnetで2016年から始まった『PRODUCE』シリーズは、視聴者投票で決まるサバイバル・オーディション番組として人気を博していた。

第1シーズンでガールズグループの「I.O.I」、第2シーズンでボーイズグループの「WannaOne」、AKB48グループの運営を担うAKSとMnetがコラボレーションした第3シーズンでIZ*ONEを作り出し、今年夏に終わった第4シリーズではボーイズグループの「X1」が誕生したが、その第4シリーズ終了直後に視聴者投票結果の不正操作疑惑が浮上した。

警察も調査に乗り出し関係者の家宅捜査も数回行ったあと、11月5日、ついに『PRODUCE』シリーズを手がけたプロデューサーのアン・ジュニョン氏とチーフプロデューサーのキム・ヨンボム氏が、詐欺と偽計による業務妨害、背任罪などの容疑で拘束された。

「IZ*ONEは解散すべき」との声も

それと前後して韓国のニュース番組などが、アン・ジュニョン氏が投票操作の事実を認めたと報道。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事