ソ・イングク、キム・ヒョンジュン、ユン・ウネ…お騒がせ俳優たちは復帰作で好感度を回復できるか

2018年11月02日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

騒動を巻き起こした俳優たちが再びお茶の間に姿を見せている。

ソ・イングク、キム・ヒョンジュン、ユン・ウネ。兵役、プライベート問題、盗作などで炎上した俳優たちが、相次いで水・木曜枠のドラマを通して復帰を知らせている。

はたして彼らが復帰に成功し、過去の人気と栄光を取り戻すことができるのか、注目が集まっている。

(関連記事:俳優キム・ヒョンジュン、ドラマ復帰の心境語る「僕の人生は失敗かと思い詰めた」

左からソ・イングク、キム・ヒョンジュン、ユン・ウネ

 “兵役逃れ騒動”を巻き起こしたソ・イングクは、韓国版『空から降る一億の星』(tvN)に出演。正攻法を選択してお茶の間に復帰した。

昨年、入隊4日で骨軟骨病変によって帰宅措置を受け兵役免除となったソ・イングクは、1年近い空白期間を経て本格的な活動を再開した。ソ・イングクは特有の魅力を披露し、ドラマの中心であるキム・ムヨン役を好演しているとの評価を受けている。

ただし、韓国の男性芸能人にとって“兵役逃れ騒動”はその事実だけで否定的に作用する。彼に対する視線が自然と作品にまで影響するというのが残念だ。 

10月24日に放送された『時間が止まるその時』(KBS W)で4年ぶりに復帰したのはキム・ヒョンジュンだ。元恋人と暴行や流産、詐欺、名誉毀損などをめぐって法廷で争い、その間に兵役も終えた。また、昨年は飲酒運転で物議をかもした。

キム・ヒョンジュンは地上波やケーブルテレビのドラマ、tvNのミニシリーズなどに比べ、少し注目度の低いKBS Wのドラマを復帰作に選んだ。放送局、制作会社とキム・ヒョンジュンの利害が一致したようだ。

盗作疑惑が浮上したユン・ウネは、2013年のドラマ『未来の選択』(KBS2)以来5年ぶりに『トキメキ注意報』(MBN)でドラマに復帰する。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集