“BTSの生みの親”パン・ヒョク代表、米TIME誌とロングインタビュー「グラミー賞でいい結果期待する」

2019年10月10日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のTIME誌が、BTSの生みの親として知られるパン・シヒョクBig Hitエンターテインメントのインタビューを公式サイトに掲載した。

記事ではパン代表を「世界最高のボーイズバンド・BTSの制作者」と紹介し、彼が率いるBig Hitエンターテインメントを「現在の音楽産業で最も興味深い研究事例」と評している。

BTSの“生みの親”であり父のような存在のBigHitパン・シヒョク代表の変貌ぶりが話題

BTSの成功秘訣や、アメリカ音楽市場での成功の方程式に対する質問に、パン代表はこう述べている。

「成功に対する正確に因果分析は難しいが、いわゆるアメリカの“主流”で通じる方法と違うアプローチだったのは確かだ。最も重要なのは“音楽”、そしてファンとのコミュニケーションで築き上げた“ロイヤルティー”が大きな役割をした」と語った。

また、「時代精神が込められたBTSのメッセージがデジタル時代と合わさって急速に広がり、ちょうどアメリカにはなかった部分に触れたようだ。多様性を尊重し、時代の痛みを自ら語り、デビュー後に一度も自分たちの音楽的目標を変えなかったため、大衆の確信を得た」と説明した。

パン代表は、“工場型K-POP”に対する西洋の偏見についても所信を述べた。

「アメリカのアーティストはメジャーのレーベルと契約するまで、“アンダー”で数年間活動する。一方、韓国はその期間中に練習生としてトレーニングを受ける。どの方法がアーティストの利益になるか論争してみる価値はある」

K-POP歌手たちが自作曲を歌わないという指摘については、「歌手は基本的に“パフォーマー”なので素晴らしいパフォーマンスだけでも大衆に感動を与え、魂を伝えられる」と強調した。

Big Hitエンターテインメントの運営方法にも触れている。

「Big Hitは練習生の音楽的スキルにだけでなく、社会性を含めた“アーティストとしての人生”に対する教育にたくさん投資している。BTSの成功以来、メンタリングを強化するなど、一般学校と同じくシステムを変えつつある」

最近、Big Hitエンターテインメントが「マルチレーベル」としての体制変化を発表したことについては、こう説明した。

「SOURCE MUSICと共に新しいガールズグループのためのグローバルオーディションを行っている。既存K-POPアーティストとは違うやり方でアプローチするつもりだ。今後、Big Hitがどんな方法で音楽市場を拡大していくか、見られるはずだ」

BTSが「21世紀のビートルズ」と呼ばれる背景については「グローバルなファン層を通じて市場の秩序を変えていることと、新しい形のコミュニケーションを作ったおかげだ」というパン代表は、「こんな光栄な枕詞がずっと続いてほしいし、海外のメジャーな授賞式、特にグラミー賞などでいい結果が得られるのを期待している」と締めくくった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事