【単独】『トッケビ』脚本家の新作ドラマ、追加キャストに“ブレイク必至”の新星!

2019年10月04日 テレビ #韓流ドラマ #女優
このエントリーをはてなブックマークに追加

複数の芸能関係者によると、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『ミスター・サンシャイン』の脚本を手がけたキム・ウンスクの新作ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』(原題)に、新人女優キム・ヨンジが追加キャストとして決定した。

イ・ミンホが復帰作の『ザ・キング』で共演するキム・ゴウンとは?

彼女は昨年放送された『ミスター・サンシャイン』でデビューを飾った新人女優。

デビュー作に続き、今回もキム・ウンスクとの縁を繋げていくこととなった。

(写真提供=BHエンターテインメント)

兵役を終えたイ・ミンホ、そして『トッケビ』のヒロインを務めたキム・ゴウンの共演で話題を集めている『ザ・キング:永遠の君主』。

「パラレルワールド」を題材とし、次元の門を閉じようとする大韓帝国の“理系”皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)と、韓国の“文系”刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)が2つの時空を超えて共助するというファンタジー・ラブストーリーだ。

ヒロインのキム・ゴウンをはじめ、多くのキャストが一人二役を演じる中、キム・ヨンジも劇中、大韓帝国皇室の広報室で働くミョン・スンアのほか二役を務める予定。

『ミスター・サンシャイン』でキム・ウンスク作家にその可能性を認められ、再び起用されたキム・ヨンジの活躍に期待が集まる。

最近SBSでの編成が確定された『ザ・キング:永遠の君主』は、2020年上半期に放送される予定。

 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事