ファンは俳優の鏡…チャン・グンソク&Cri Jが写真展収益300万円を寄付、10年間で累計2000万超

2022年10月01日 話題 #チャン・グンソク
このエントリーをはてなブックマークに追加

去る9月24日、聴覚障がい者を支援する韓国の社団法人「愛のカタツムリ」は、俳優チャン・グンソクと彼の公式ファンクラブ「Cri J」が児童支援のために3000万ウォン(約300万円)を寄付したと明らかにした。

【写真】胸板“チラ見せ”グンちゃん

寄付金は「第10回チャン・グンソク誕生日記念分かち合い写真展」に参加したファンとチャン・グンソク本人によって用意されたものだ。今回の写真展では1億6000万ウォン(約1600万円)が集まり、このうち3000万ウォンが愛のカタツムリに渡された。寄付金は聴覚障がい児童3人の人工蝸牛管手術の支援に使われる予定だという。

Cri Jはチャン・グンソクの1年を記録するとともに、チャン・グンソクとファンが一つになって寄付による善行を継続するという意味で、2013年から10年間にわたって写真展を続けている。愛のカタツムリに渡された累計支援金は2億600万ウォン(約2060万円)に達し、17人の児童が人工蝸牛管手術を受けて言語リハビリを行えるようになった。

「これからも分かち合いを続けていく」とファンクラブ会長

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集