BTS『Proof』、米「ビルボード200」で14週連続チャートイン…ソロ活動曲も好調

2022年09月21日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)が米ビルボードチャートで好成績を残し続けている。

【写真】BTS・Vとジェニー、「おでこキス写真」流出か

9月20日(現地時間)、米ビルボードが発表した最新チャート(9月24日付)によると、『Proof』はメインアルバムチャート「ビルボード200」で90位となり、14週連続でチャートインした。また『Proof』のリード曲『Yet To Come (The Most Beautiful Moment)』は、「ワールドデジタルソングセールス」で5位に再上昇している。

ほかにも全世界200以上の国と地域のストリーミングと販売量を集計し、順位付けする「グローバル200」「グローバル(アメリカを除く)」にも数曲をチャートインさせている。

「グローバル200」では『Dynamite』が124位、『My Universe』が132位、『Butter』が196位となり、「グローバル(アメリカを除く)」では『My Universe』が83位、『Dynamite』が92位、『Butter』が134位に位置した。

(画像=BIGHIT MUSIC)BTS

ソロも好調だ。JUNG KOOKとチャーリー・プースのコラボ曲『Left and Right (Feat. Jung Kook of BTS)』はメインシングルチャート「ホット100」で41位となり、12週連続チャートインを記録。「アダルトポップエアプレイ」13位、「ポップエアプレイ」14位、「ラジオソング」30位、「デジタルソングセールス」32位、「グローバル(アメリカを除く)」33位、「カナダホット100」34位、「グローバル200」37位など、多数のチャートに名を連ねている。

またJIN、JIMIN、V、JUNG KOOKとベニー・ブランコ、スヌープドッグのコラボ曲『Bad Decisions』は、「ポップエアプレイ」27位、「グローバル(アメリカを除く)」108位、「グローバル200」117位に。そしてRMがフィーチャリングに参加したBalming Tigerの『SEXY NUKIM』は、「ワールドデジタルソングセールス」チャートで9位に位置付けている。

【写真】Vとジェニーの“熱愛”疑惑写真3枚目

【写真】Vとジェニーの“熱愛”疑惑写真2枚目

【写真】Vとジェニーの“熱愛”疑惑写真1枚目

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集