主題歌はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE、『犯罪都市 THE ROUNDUP』予告&ティザービジュアル解禁

2022年08月31日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で観客動員数1200万人を突破した大ヒット作『犯罪都市 THE ROUNDUP』(原題:『犯罪都市2』)の、ティザービジュアルと予告編映像が解禁となった。

【写真】マ・ドンソクの恋人イェ・ジョンファとは?

本作は『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)、『悪人伝』(2019)などの超ド級アクションと、愛されるルックスで国内外から熱烈な人気を博し、マーベル映画『エターナルズ』(2021)ではマーベルヒーローの一員となった、世界規模で愛される俳優マ・ドンソクが主演・プロデュースした最新作。

今回解禁となったのは、怪物刑事マ・ソクト(演者マ・ドンソク)と凶悪犯カン・ヘサン(演者ソン・ソック)、追う者と追われる者2人をクローズアップしたティザービジュアルと予告編だ。

ティザービジュアルは「この刑事(デカ)、最強。」「この悪男(ワル)最狂。」のキャッチコピーとともに、歴戦の貫禄を見せつけるマ・ソクトと、強靭な肉体をさらけ出し不遜な表情を浮かべるカン・ヘサンが対に配置されている。マ・ドンソクと、ソン・ソック、話題沸騰中の俳優による一騎打ちを予感させる。

©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

同じく解禁された予告編では、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが闘志を爆発させ歌い上げる、EXILE SHOKICHIが作詞、MIYAVIがギターで参加した日本版主題歌『ROUND UP feat. MIYAVI』に乗り、徐々に映像もヒートアップ。カーアクションやマ・ソクトが向かってくる敵を次々とねじ伏せる姿、カン・ヘサンの殺戮、そして2人のタイマンが息つく間もなく押し寄せる。相手が刃物を持っていてもお構いナシ、拳一つで悪を叩く規格外のヤバい刑事(デカ)と、予測不能な狂気に満ちた血も涙もない悪男(ワル)、両者がベトナムと韓国のいたるところでド派手に暴れまくる。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 川村壱馬コメント

この度、マ・ドンソクさん主演の映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』の日本版主題歌を務めさせて頂くことになりとても光栄に思います。

緊張感、ド迫力、熱さを、楽曲を通して更にお引き立てできるよう、そして映画を楽しんでもらうことができますよう、微力ながら気合を入れてレコーディングさせて頂きました!!

自分も映画楽しませて頂きます!

EXILE SHOKICHIコメント

この度、犯罪都市の日本主題歌”ROUND UP“を作詞させて頂きました。

大ヒット作品の日本上映という事で、素晴らしい機会に携わらせて頂けた事にとても感謝しております。映画の迫力とRAMPAGE が持つエネルギーとの融合を頭の中でイメージして作詞させて頂きました。

“ROUND UP“映画に沿って日常に潜むさまざまなネガティブを取り除くというテーマで作らせて頂きましたので、是非とも歌詞の内容も紐解いて楽しんで頂きたいと思います。

MIYAVIコメント

ゾクゾクするストーリー展開と、THE RAMPAGE のみんなの熱いパフォーマンスをイメージしながら、こちらもバキバキに弾かせてもらいました。映画と楽曲のケミストリーを楽しみにしていてください!!!!

マ・ドンソクが“愛される”ワケ

「最も凶悪な悪役を演じてやめようと」ソン・ソックが『犯罪都市 THE ROUNDUP』を選んだワケ

【写真】“第2のマ・ドンソク”?異名は「顔が隠れる腕」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集