元BIGBANGのV.IとYG前代表、“遠征賭博容疑”で警察に立件

2019年08月14日 話題 #V.Iスキャンダル
このエントリーをはてなブックマークに追加

元BIGBNGのV.Iと、YGエンターテインメントの前代表ヤン・ヒョンソクが警察に立件された。

ヤン・ヒョンソク前代表とV.Iに浮上した海外遠征賭博容疑について、警察が正式に捜査に着手した。

警察関係者は8月14日、ソウル西大門区の警察庁舎で行われた記者会見で「ヤン前代表とV.Iに対する情報を根拠に内偵調査し、常習賭博の疑いを適用して立件した。手続きに沿って捜査を進める予定」と明かした。

(関連記事:YG前代表、今度は外国為替の違法取引疑惑。カジノに「10億ウォン」つぎ込んだか

2人がいわゆる“為替差益”の手口をもって現地で賭博資金を調達した疑惑については、「外国為替取引法違反の疑いでの追加立件を検討している」としたが、その一方で「具体的な犯行内容や回数、金額については証拠隠滅の可能性があり、明らかにすることはできない」とも伝えている。

ソウル警察庁知能犯罪捜査隊は、ヤン前代表とV.Iが海外で遠征賭博を行ったという情報を基に8月初旬から内偵捜査を行ってきた。ヤン前代表はすでに“性売買斡旋等行為の処罰に関する法律違反”の疑いで立件されている状態だ。

果たして警察がヤン前代表とV.Iに浮上した疑惑をどのように解明するのか、世間は今後の捜査の行方に関心を寄せている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事