ドラマ『ビッグマウス』俳優イ・ジョンソク、“現場を照らす”笑顔が印象的なビハインドカットを公開

2022年08月05日 テレビ #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ジョンソク主演の新ドラマ『ビッグマウス』での熱演が好評を得ている。

【写真】「本物の夫婦かと」イ・ジョンソクとユナの“腕組みSHOT”

韓国MBC金土ドラマ『ビッグマウス』のイ・ジョンソクに対する反応が熱い。

劇中、イ・ジョンソクは平凡な人生を送っていたところ、偶然任された殺人事件に巻き込まれ、天才詐欺師「ビッグマウス(Big Mouse)」という濡れ衣を着せられた「パク・チャンホ」をダイナミックに解きほぐしている。

パク・チャンホは勝率10%の三流弁護士だ。そんな彼が一夜にして天才詐欺師「ビッグマウス」と名指しされ人生が揺れ始める。借金に苦しむ弁護士、二重スパイ役を遂行する姿、そして崖っぷちに追い込まれて潔白を明らかにするために疾走する姿まで。イ・ジョンソクは休む暇もなく押し寄せる事件の中で刻々と変化する感情を表現し、予測不可能な事態に力を加えた。

そんな中、ビジュアルも演技も情熱も完璧なビハインドカットが公開され、目を引く。

(写真=MBC)『ビッグマウス』出演中のイ・ジョンソク

消火器の粉を全身にかぶっても、イ・ジョンソクは茶目っ気たっぷりの笑顔で現場を照らし、休み時間にはコーヒーを楽しむ姿で和やかさを醸し出す。

また、撮影場面をモニタリングする真剣な眼差しは見る者をときめかせている。台本に深く没頭している情熱は、ディテールの違う演技の秘訣をうかがわせた。

このように、オンとオフの温度差がはっきりしているイ・ジョンソクの活躍に一層期待が高まっている。

なお、『ビッグマウス』は、勝率10%の“生計型”弁護士が偶然任された殺人事件に巻き込まれ、一日で希代の天才詐欺師「ビッグマウス(Big Mouse)」となり、生き残りをかけて巨大な陰謀を暴いていく物語だ。

(記事提供=OSEN)

◇イ・ジョンソク プロフィール

1989年9月14日生まれ。2010年に『検事プリンセス』でデビュー。以降、『君の声が聞こえる』『ピノキオ』『W君と僕の世界』『あなたが眠っている間に』『死の賛美』(SBS)、『ロマンスは別冊付録』(tvN)などに主演。特に『ロマンスは別冊付録』ではNetflixでも配信中で、甘い魅力の編集長役で世界のファンを魅了している。

【写真】イ・ジョンソク、兵役後のたくましい姿を披露

【写真】イ・ジョンソク、“極上のスーツ姿”を公開

少女時代ユナが映画・ドラマに引っ張りだこのワケ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集