新ドラマ『ビッグマウス』少女時代ユナと俳優イ・ジョンソクが語った“関係性”「一番知っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

少女時代のユナ(イム・ユナ)と俳優のイ・ジョンソクが“2人の関係性”について語った。

【写真】イ・ジョンソクが囚人に!? 『ビッグマウス』スチールカット

7月29日に第1話が放送されるMBC新ドラマ『ビッグマウス』(原題)は、勝率10%の“生計型”弁護士が偶然任された殺人事件に巻き込まれ、一日で希代の天才詐欺師「ビッグマウス(Big Mouse)」となり、生き残りをかけて、そして家族を守るために巨大な陰謀を暴いていく物語だ。

特に、唯一無二の魅力を持つ俳優のイ・ジョンソク(パク・チャンホ役)とイム・ユナ(コ・ミホ役)が、堅固な権力に対抗して生き残るための死闘を繰り広げる平凡な夫婦としての共演に、視聴者の期待が高まっている。

戦いが目前に迫るなか、2人の役者が直接この戦いから退くことができない彼らだけの理由を明らかにした。

自身を動かす“原動力”の正体

まず勝率10%の生計型弁護士から暗黒世界の帝王「ビッグマウス」の汚名を着せらせるパク・チャンホ役を演じたイ・ジョンソクは、キャラクターを動かす原動力は“家族愛”であると答えた。

(画像=MBC)『ビッグマウス』(原題)でパク・チャンホ役のイ・ジョンソク

「家族は、パク・チャンホに与えられた試練を乗り越えられるようにしてくれる唯一の原動力」とし、「弁護士の時は家族に対する責任を持って生計を維持するため、そして獄中では生きて家族のもとへ帰るために生存本能を発揮する」と説明している。

劇中、パク・チャンホ(演者イ・ジョンソク)の妻で生活力が最高レベルのコ・ミホ役のイム・ユナもやはり戦闘に飛び込んだ理由は家族だと答えた。

イム・ユナはコ・ミホのキャラクターについて「みんながパク・チャンホを疑うなか、“その人のことは私が一番よく知っている”と話す人物」と表現。続けて、「すべての感情を一緒に乗り越え、そして一番近くで見てきた人として築いた信頼。そのような感情が困難な状況を耐える力となり、コ・ミホを動かす」と伝えた。

このように、お互いに支え合ってきた夫婦であるだけに、劇中のパク・チャンホとコ・ミホについて阿吽の呼吸だと評価している。

イ・ジョンソクは「物理的に離れていて一緒にはいられないが、各自の場所で互いの心を推し量って言葉を発しなくても息が合うといった、最高のチームワークを披露する予定」であると付け加え、距離は離れていても心は全く遠くならないこの夫婦の厚い関係性を誇示した。

さらに、イム・ユナは「たとえ距離は離れていても、パク・チャンホとコ・ミホの完璧なチームワークで互いに助け合う。最後に事件を解決する時はスリルもあると思う。この感情が視聴者にも伝わることを願う」とし、一緒に苦難を乗り越えていく2人のキャラクターのシナジー効果を期待させる。

(画像=MBC)『ビッグマウス』(原題)でコ・ミホ役のイム・ユナ

このように『ビッグマウス』は吹き荒れる嵐の中でもお互いの手を離さずに孤軍奮闘するパク・チャンホとコ・ミホ夫婦の姿を通じて、醜悪な“上流階級”に向けた痛快な一発をかます予定だ。

韓国MBCの新ドラマ『ビッグマウス』は、7月29日に初回放送される。

(記事提供=OSEN)

少女時代ユナが映画・ドラマに引っ張りだこのワケ

【写真】少女時代ユナ、ミニトップスで“おへそ”全開

【写真】イ・ジョンソク、服から浮かび上がる“肉体美”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集