CRAVITY、初の日本公演でファンの心を鷲掴み!「皆にとって誇らしいアーティストになる」

2022年07月01日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPボーイズグループCRAVITY(クレビティ)が日本ファンの心をがっしりとらえた。

【写真】太陽に照らされるミニの“弾ける笑顔”

CRAVITYは6月29・30日の2日間、大阪のZEPP OSAKA BAYSIDEで「CRAVITY FAN-CON in OSAKA『CENTER OF GRAVITY』」を開催し、デビュー後初めて日本のファンと会った。

『Top of the chain』と『Mammoth』で公演の幕を開けたCRAVITYは、オフラインで日本ファンに初めて会ったことに感激し震える気持ちを伝えた。

(写真=STARSHIPエンターテインメント)

CRAVITYは2日間、『Realize』『Call my name』『Veni vidi vici』『My turn』『Maybe Baby』『Divin』『Ohh Ahh』『Cloud 9』『Jumper』『Pow!:『Break all the rules』『Adrenaline』のステージを繰り広げた。アンコールでは、『HOT AIR BALLOON』『Late night』を披露し、ファンの心を満たした。

さらに2日間、計4公演のなかで、公演ごとにチームを組んでMCとして乗り出した。セリム、ソンミンに続きアレン、ウォンジン、ミニが昼の公演のコーナーMCとして出演し、夕方の公演ではジョンモとウビン、ヒョンジュンとテヨンが一つのチームになって司会を担当。

多様なコーナーを準備し、ファンに楽しさと感動を与えたCRAVITY。メンバーの仲の良さが目立つのはもちろん、ファンと一緒にコミュニケーションできる時間が設けられ、LUVITY(公式ファンクラブ)に特別な一日をプレゼントした。

公演を終えたCRAVITYは「LUVITYの皆さんがいるから、僕たちCRAVITYが存在するという事実をもう一度心に刻んだ時間だった。いつもLUVITYにとって誇らしいアーティストになれるよう努力し、成長する姿をお見せする」と覚悟を示した。

(写真=STARSHIPエンターテインメント)

4公演全席を売り切れた日本ファンコンを盛況裏に終えたCRAVITYは、最近シカゴで行われた「KCON 2022 Premiere」を通じてデビュー初の海外KCONのラインナップに名前を上げた。

また、アメリカの有名トークショー『Good Day New York』に3回目の出演をし、グローバルファンの愛を一身に受けている。

【写真】ソンミン、可愛すぎる“卒業写真”

【写真】「成長しすぎ?」セリム×ミニ×ウォンジン大人びたビジュアルを公開

【全文】CRAVITYへの身体的な接触を強行した“無断侵入女”…「警察が調査中」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集