メンバーの死去、恋人との破局、事務所の破産…KARAギュリが衝撃告白「“極端な試み”をした」

2022年06月24日 話題 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

KARAのリーダー、パク・ギュリがオ・ウンヨン博士に会う。

【画像】「顔、変わった!?」ギュリの変化にファン騒然

本日(6月24日)放送される韓国チャンネルAのバラエティ番組『オ・ウンヨンの金相談所』(原題)では、パク・ギュリの悩みが公開される。

K-POP第2世代のレジェンドガールズグループKARAのリーダーであり、“国民的女神”パク・ギュリが相談所を訪問した。登場と同時に、KARAのヒット曲に久しぶりに身を任せたパク・ギュリは、変わらないアイドル力を誇った。

しかし相談所を訪ねてきた理由を、真剣に明らかにする。いつも自信にあふれ、堂々とした姿だけを見せてきた彼女だけに、自分の苦痛を打ち明けにくかったとし、「底を見せてしまうと人々が去っていくのではないかと思い、怖い」と述べた。

オ・ウンヨン博士は、パク・ギュリが本音を打ち明けて慰められたいと思っているものの、弱点になるかもと思って躊躇してきた姿を見て、“慰労恐怖症”と分析する。

(画像=チャンネルA)『オ・ウンヨンの金相談所』に出演したパク・ギュリ

続いて進行された「慰労恐怖症・自己診断テスト」では、すべての項目に該当する満点となり、思わず笑いが起こる状況に。オ・ウンヨン博士は、近しい人と心の痛みを分け合うことの重要性を語り、そうしないときに経験する孤立と断絶について懸念した。

慎重に口を開いたパク・ギュリは、この2~3年間、様々な事件によってすべての連絡を絶ち、自発的に孤立を選択したと述べた。望んでいなかった熱愛の公開報道、所属事務所の破産など、すべてを自分の選択のせいだと思って過ごしてきたというパク・ギュリ。それに対してオ・ウンヨン博士は「責任を負うべき部分との区分ができていない」とし、一体なぜ自分自身のせいにするのかについて分析する。

この日の相談では、深い憂鬱感に苦しめられたパク・ギュリに、息を呑むような鋭い質問をしたオ・ウンヨン博士の歩みが目立つ。直線的に切り込むオ・ウンヨン博士の質問攻勢に、パク・ギュリはKARAメンバーだった故ク・ハラさんの死について言及する。

パク・ギュリは彼女が亡くなって以降、苦痛から抜け出すための方法に気付き、“極端な試み”までしたことを明らかにし、多くの人々の切なさを引き出した。

これまで誰にも打ち明けてこなかったパク・ギュリの悩みと、それを慰めるオ・ウンヨン博士のヒーリングソリューションは何か。『オ・ウンヨンの金相談所』は本日21時30分にチャンネルAで放送予定だ。

◇パク・ギュリ プロフィール

1988年5月21日生まれ。1995年に子役としてデビューし、2007年にKARAのメンバーとして本格的に音楽活動をスタートさせた。KARAの活動当初はリーダーとしてグループを牽引し、美しいビジュアルでファンから「女神」と呼ばれていた。女優に転向した2016年からは、ドラマ『蒋英実』『恋の花が咲きました』、映画『2つの恋愛』『サヨナラの伝え方』『Beautiful Food』『Revive by TOKYO24』などで演技を披露しながら女優としてのキャリアを積んでいる。

KARAギュリが財閥3世の恋人と破局「最近別れた」

KARAメンバーがデビュー15周年で全員集合!故ク・ハラさんもタグ付け

【写真】KARAスンヨンの意外な“神ボディ”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集