少女時代テヨン、“グランドマスター”としての最後の役割を果たす「後輩たちと過ごせて嬉しかった」

2022年06月02日 K-POP #少女時代
このエントリーをはてなブックマークに追加

少女時代のテヨンが『Queendom 2』の最終競演を控えて、感想を伝えた。

【写真】深スリットから除くテヨンの“美脚”

グランドマスターを務めるテヨンが圧倒的な存在感で導いたMnetのサバイバル番組『Queendom 2』が今日(6月2日)ファイナル生放送舞台を最後に、幕を下ろす。

少女時代からソロ活動まで成功を収め、“ガールグループのロールモデル”とも呼ばれているテヨン。『Queendom 2』では、緊張感が漂う会場の雰囲気も冗談を言って和ませたり、温かいアドバイスや称賛で後輩たちの士気を高めたり、グランドマスターらしい姿を見せていた。

テヨンは、後輩たちに向けた愛情とステージに対する豊富な理解で競演ステージを解説し、プログラムの格を高めたのはもちろん、持ち前の進行力でMCとしての役割も十分に果たした。

(写真=Mnet)テヨン

これに対しテヨンは「後輩たちのレジェンド舞台を直接見ながら、話を交わすことができて嬉しかった。短くはない時間の中で苦労した後輩たちに拍手を送りたい。視聴者の方々に、参加グループのすべてが詰め込まれたファイナルステージを必ず見守ってほしい。最後に、ともにしてくださったすべての方々に心から感謝申し上げる」と挨拶を伝え、最後まで和やかな雰囲気を醸し出した。

手に汗握る『Queendom 2』の最終話は、今日21時20分、Mnet JAPANとアベマTVで同時生中継され、YouTubeチャンネル「Mnet K-POP」を通じて全世界に流れる。

【写真】テヨン、ベビーフェイスなのに“艶っぽ美ボディ”!

【写真】テヨン、“新人アイドル”のような姿に「32歳はウソ」の声

【写真】「CG?」テヨン、“前かがみ”で美脚アピール

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集