Netflix配信中の韓国ドラマ『私の解放日誌』、『私たちのブルース』を寄せ付けず2週連続で話題性1位

2022年05月17日 テレビ #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixでも配信中の韓国で注目されているドラマ『私の解放日誌』(JTBC)と『私たちのブルース』(tvN)だが、“話題性”で差が出ている。

【写真】『私の解放日誌』女優キム・ジウォン、「すっぴん?」

韓国放送コンテンツの競争力分析会社グッドデータコーポレーションが5月16日に発表したところによると、5月第2週のテレビ話題性ドラマ部門の順位は、1位が『私の解放日誌』で、2位が『私たちのブルース』となった。

『私の解放日誌』は先週初めて『私たちのブルース』を抜いて話題性1位となったが、そこから2週連続のトップを記録したことになる。

『私の解放日誌』は初放送から5週連続で、話題性が上昇している珍しいドラマだ。5月第2週は前週比36.45%も増加している。視聴率も第1話2.9%から、最新の第12話5.0%と上昇傾向を見せている。

また主演の俳優ソン・ソック、同じく女優キム・ジウォンは3週連続で出演者話題性部門の1位と2位をキープした。

(画像提供=JTBC)『私の解放日誌』

一方で『私たちのブルース』は、2週連続で2位を守っているが、最近の2週連続で話題性の点数が下落している。視聴率は第1話7.3%から最新の第12話10.8%と堅調だが、話題性という点では『私の解放日誌』に譲っているようだ。

ちなみにランキングは、3位『最愛の敵~王たる宿命~』、4位『グリーン・マザーズ・クラブ』、5位『アゲイン・マイ・ライフ』(原題)となっている。

『私の解放日誌』は初放送から5週連続で話題性が上昇しており、まさに“スルメ系”のドラマといえそうだ。単調な生活にうんざりした3兄妹が自由と生きがいのために奮闘する姿を描く作品で、脚本を務めるパク・ヘヨンは、知る人ぞ知る名作ドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』の脚本家。話数を重ねるほどに視聴者の心に浸透していくような作品作りで定評がある。

今後も『私の解放日誌』が話題性1位をキープしていくのか、『私たちのブルース』が再度盛り返すのか、注目したい。

俳優ソン・ソックが“10歳年下”女優と熱愛中?秘話が注目されるも事務所は否定

【写真】キム・ジウォン、透明感あふれる広告撮影風景を大公開!

小説家パウロ・コエーリョ、韓ドラ『私のおじさん』を大絶賛

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集