小説家パウロ・コエーリョ、韓ドラ『私のおじさん』を大絶賛「人間の状態を完璧に描写」

2020年10月21日 話題 #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

小説『アルケミスト 夢を旅した少年』で知られる作家パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho)が、韓国ドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』(以下、『私のおじさん』)を絶賛した。

【注目】『愛の不時着』制作会社が手がけた「韓ドラ5選」

パウロ・コエーリョは10月19日、自身のTwitterに『私のおじさん』のポスター写真を添えて「16話まで見れないと思ったが、人間の状態を完璧に描写していた。優れた脚本、ファンタスティックな演出と最高のキャストに賛辞を送る」と書き込んだ。

当該のツイートは10月20日時点で約7000件のリツイートと5000件以上の引用ツイート、2.9万件のいいねを記録。早いスピードで拡散されている。

現在、Netflixを通じて世界で配信されている『私のおじさん』は、理不尽な世の中に翻弄され、報われない日々を生きる21歳の女性イ・ジアンと、彼女と同じ会社で働く中年男パク・ドンフンが心を通わせ、肩を寄せ合いながら互いに心を癒していく物語だ。

歌手兼女優のIU(本名イ・ジウン)と、映画『パラサイト 半地下の家族』に出演したイ・ソンギュンが主演を務め、2019年の「百想芸術大賞」でテレビ部門ドラマ作品賞を受賞した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集