韓国を震撼させた“n番の部屋事件”の実体を暴く…Netflixでドキュメンタリー映画公開が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国を揺るがしたデジタル性犯罪、いわゆる“n番の部屋事件”の実体を暴くNetflixドキュメンタリー『サイバー地獄:n番房を倒せ』(原題)が5月18日公開される。

【注目】韓国に激震を与えた「n番の部屋」事件とは?

これまでの犯罪ドキュメンタリーとは異なり、人類の犯罪史上皆無だった新しいタイプの非対面犯罪である“サイバー性犯罪”を記録して追う。

n番の部屋事件の加害者たちは、匿名性が担保されたサイバー空間で自分たちだけの空間を作り、その中でハッキングによる脅迫、暗号通貨を利用した不法取引、IDという仮面を被って行われるいじめや搾取など、古典的な犯罪では決して想像できなかった新種の犯罪方式を取った。

(画像=Netflix)

『サイバー地獄:n番房を崩せ』では、記者を夢見た大学生集団を筆頭に、事件の実体を暴こうと取材を続けた記者、プロデューサー、時事番組作家など多様なジャーナリスト、オン・オフラインを行き来しながら犯罪者を追跡するサイバー捜査隊警察など、計24人のインタビューを通じて恐ろしい犯罪の実情を探る。

今回公開されたポスターと予告編は、同事件を初めて公論化させたマスコミ『ハンギョレ』のキム・ワン、オ・ヨンソ記者と、大学生集団、そしてMBCの探査番組『スポットライト』(原題)のチェ・グァンイルPDとチャン・ウンジョ作家、SBS『知りたい話Y』(原題)のチョン・ジェウォンPD、警察庁サイバー捜査隊刑事、犯罪心理学者のイ・スジョンなど、犯罪の実体を明らかにするために努力した者たちの姿が描かれている。

“犯罪者は必ず捕まる”という念で繋がってきた彼らの取材と捜査、加害者たちが警察に逮捕されるまでの過程を詳しく扱っている。

なお、本作はミステリー映画『スティール・コールド・ウィンター ~少女~』、SMエンターテインメント所属アーティストの成長ドキュメンタリー『I AM. SMTOWN LIVE WORLD TOUR IN MADISON SQUARE GARDEN』など、多様なテーマの社会現象を取り上げ、独自の演出スタイルを披露してきたチェ・ジンソン監督が演出を担当した。

(画像=Netflix)

チェ監督は、「韓国の観客なら誰でもn番の部屋事件について少しずつ知っているはずだ」とし、「しかし、この作品を見ると、私たちが知っていた事件の実体というのが氷山の一角だと感じるようになるだろう」と話した。

さらに、「彼らの犯罪方式は我々が知っていることよりも複雑で巧妙だった」とし、「この事件の追跡者たちも、我々が知っているよりも一段と激しく熱かった」と伝えた。

韓国を震撼させたn番の部屋事件の実体をより深く描いたNetflixドキュメンタリー『サイバー地獄:n番房を倒せ』は5月18日に公開される。

“n番の部屋”を最初に作った人物「カッカッ」を緊急逮捕…女性を脅迫した驚愕の手法とは

“悪魔の涙”…韓国を揺るがした「n番の部屋」事件、主犯格や共犯者は最終弁論で何を語ったか

「懲役2000年の刑を」韓国を震撼させた“n番の部屋”事件、主犯格に検察が無期懲役を求刑

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集