BTS「僕たちの歌とダンスは終わらない」…2年半ぶりソウル公演で韓国ARMYに届けた“言葉たち”

2022年03月11日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

「どんな危機が来ても僕たちはいつも方法を見つけた。今、僕たちはどうにか再び出会えて、この場にともにいるということだけ忘れないでほしい」(RM)

【写真】BTS、ソウル公演初日終え伝えた“愛の告白”

BTS(防弾少年団)が、約2年半ぶりに対面で会った韓国のARMY(BTSのファンネーム)たちに時には感動、時には笑いをもたらし、大切な時間を楽しんだ。

BTSは3月10日、ソウル松坡(ソンパ)区の蚕室(チャムシル)総合運動場メインスタジアムで有観客コンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-SEOUL」の初日公演を行った。

今回のコンサートでは、10日、12日、13日の3日間を通じて計4万5000人の観客が訪れる予定だ。

(写真提供=BIGHIT MUSIC)

何より、BTSと韓国国内のARMYたちが約2年5カ月ぶりに再会したことだけでも意味深かった。久しぶりに国内のARMYと向き合った7人のメンバーは、ARMYたちと目を合わせて一緒に歌を歌い合い、踊り合った。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、歓声のない公演ではあったが、ときめきと歓喜に満ちた熱気が会場を埋め尽くした。これに応えるように、BTSも公演の間はエネルギッシュなステージを繰り広げ、現地に集った約1万5000人のARMYたちを喜びと感動の雰囲気に浸らせた。

公演では『ON』を皮切りに、『FIRE』、『DNA』、『Black Swan』、『血、汗、涙(Blood Sweat & Tears)』、『FAKE LOVE』、『Life Goes On』、『Boy With Luv』、『Dynamite』、『Butter』、『IDOL』、『HOME』など、多彩なジャンルの楽曲を通じて、BTSの無限大の魅力に触れることができた。

特に、久しぶりに会ったファンたちに向けた心のこもった言葉たちも公演の見どころだった。

約2年ぶりに再会したARMYに「感動してワクワクしている」

オープニングステージを終えたBTSは、韓国のARMYたちの前で約2年ぶりに対面であいさつを交わした。

まず、リーダーのRMは「ついに僕たちがメインスタジアムで再会した」と大声で叫んだ。

Vは「これまではがらんとした客席の前にカメラだけを置いて撮影してきた。ARMYたちがここにいらっしゃることに感動して、ワクワクしている」と感想を述べた。

7人のメンバーは、この日の公演にすべてのエネルギーを注ぐことを約束した。

SUGAは「歓声を上げることができなくて残念だけど、2年半ぶりに一緒にいることが一番大事なことだと思う。この空間をともにしたくてずっと胸をときめかせてきた。むしろたくさん緊張をした。僕たちみんなで一緒に楽しもう!」とし、JUNG KOOKは「一つの後悔も残らないようにすべてを注ぎたい」と強調した。

JIMINは野外会場での公演とあって、ARMYたちが寒くないか心配をしながら「風邪に引かないよう僕たちが頑張ります」と、ファンへの切なる愛情を表していた。

(写真提供=BIGHIT MUSIC)

「みんな拍手!」歓声のない公演を初めて経験したBTS

メンバーたちはこの日、歓声のない公演に不思議な気持ちを抱く一方、残念な気持ちも隠すことができなかった。

オープニングステージ後、RMは「僕たちがいつ拍手を受けるコンサートをしただろうか。歴史に残る公演になるだろう」と言い、ARMYに向かってほほ笑んだ。

連続でのステージを終えた後、息を切らしたメンバーたちは「歓声がないから休む時間がない」と笑った。

JINは「“とてもカッコいい”、“ステージが本当に最高”という声が聞こえなくても、皆さんの気持ちは十分伝わっている」と話すと、「“ソクジン、年を取ったからちょっとしんどそう”なんて思っていないよね」とウィットに富んだ冗談も伝えた。

SUGAは「無観客はやったことがあるけど、歓声のない公演は初めてだ。一生記憶に残ると思う」と語った。

また、「マイクに乗って入ってくる歓声と応援が恋しくもあるが、皆さんの秩序整然とした姿に感動した」と、防疫規則をしっかり守って公演を楽しむARMYを見てほほ笑んだ。そして、一日も早く、会場を埋め尽くしたファンたちの歓声を聞くことができるといいのにと望みを伝えた。

(写真提供=BIGHIT MUSIC)

「僕たちはどんな民族ですか?“ウェーブ”の民族ですよね!」待ちに待った“ARMYタイム”

公演の最後には、BTSコンサートのトレードマークである“ARMY BOMBウェーブ”ももれなく行われ、会場を感動に包んだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集