BTS「僕たちの歌とダンスは終わらない」…2年半ぶりソウル公演で韓国ARMYに届けた“言葉たち”

2022年03月11日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

JUNG KOOKは「ARMYたちとオンラインコンサートをするとき、いつも“ARMYタイム”が恋しかった」とし、BTSとARMYが息を合わせる時間が始まった。

直接ARMY BOMB(BTSのペンライト)を手にし、ウェーブの実演を披露したBTSは、ウェーブに真剣に臨む姿で笑いをもたらした。

特に、久しぶりにウェーブでARMYとの呼吸が合わないと、「スピードが遅い」「2年半ぶりだからだ」「拍子が合わない」「2階席のあそこがやっていなかった」など、ファンに愛のある“叱り”をする場面もあった。

紫色に染まった蚕室に「ついに家に帰ってきました」

メインスタジアムでARMYたちと再会したBTSは、公演で常に「家に帰ってきたみたいだ」と話していた。

2018年8月から毎年、蚕室総合運動場メインスタジアムでコンサートを行ってきたBTSにとって、この場所は家に帰ってきたような安らぎとともに、これまでの心残りや不安も払拭できるようになった。

J-HOPEは「ARMYがいるとことが本当の“僕たちの家”なんだなと思った」とし、JONG KOOKは「心痛かったけど、本当に幸せ」と涙ぐんだ。

RMは「『HOME』を歌うことに意味があった。多分、ここが僕の本当の故郷だと思う。とても幸せだ」とし、「子のステージが終わったからと言って、僕たちの歌とダンスが終わるわけではないので、近い将来に僕たちがもっと良くなった姿でまた会おう」と、ARMYと約束した。

(写真提供=BIGHIT MUSIC)

「23年のような2年、本当に大変だった」告白、そして新たな旅路(エンディングコメント)

J-HOPE「僕たちは決して上手く行ってばかりではなかった。コロナがいつ終わるのか…皆さんのことを思いながら待ち続けてきた。でも、皆さんに会った瞬間、その気持ちがすぱっと整理された。2年半の間、僕たちは何でもしてみようという気持ちでオンラインコンサートなどをして、自分たちだけでステージをして生きてきたが、実は本当に大変だった。アーティストというのは、公演に観客の皆さんがいてこそ、本当の公演を味わえるというのをたくさん感じたし、気付くことができた。今日は来ていただいて、僕の気持ちを整理してくれて、綺麗に洗い落としてくれてありがとう」

V「今日はホコリが最悪だった。本当にたくさん心配をした。僕たちが2年半ぶりに開くコンサートということで、本当にたくさん期待をして楽しく遊ぼうと思って、本当に遊んだ。次は必ずARMYの声を聞くという目標ができた」

JUNG KOOK「体感では23年が過ぎたような気がする。本当に大変だった。エンディングのコメントをどうしようか、コンサートの日付が決まって2週間前から考えてきた。眠る前に横になっても眠れなかった。僕もカッコいいことを言いたくてシミュレーションもした。でも、今はシンプルに整理ができる。本当に会いたかったし、今この瞬間がとても幸せだ。皆さんの表情を見ることができず、声を聞くこともできないけど、皆さんが僕たちのおかげで幸せな時間を過ごせたのなら、それでいい。本当に幸せだった。これから幸せな日々をたくさん作っていこう。これからが始まりだ」

SUGA「2年半ぶりにまたメインスタジアムに来ることになった。ちょっとだけ待ってほしいと言ってから2年半も経ってしまい、申し訳ない気持ちが大きかった。それでも、これからもっといい日が来るのではないだろうか。今日は本当に楽しんでくれてありがとう。愛してる」

JIMIN「皆さんとお会いすることが本当に久しぶりだ。どれだけ待ち遠しくて、会いたがっていたのかはよくご存じだと思う。いざ公演をしてみたらおかしな気分になった。故郷に帰ってきたような気がする。これまでの残念で辛かった感情はすべてなくなった。久しぶりに親友と会った気持ちだった。僕たちはこれからもっと頑張ります」

JIN「僕たちはこのコンサートの準備を本当にたくさんしてきた。アメリカで一度したことはあるが、韓国でもするということでたくさん会議もしたし、メンバーたちの悩みも多かった。天気もすごく寒くて心配だったけど、暖かく着て来られたみたいで本当に良かった」

RM「こりごりだったアンタクトが終わった。これまではわからなかった。人々を見てエネルギーをもらい、一緒に飛び跳ね、愛してると言うことが当たり前だったが、そうすることができず、本当に辛い2年だった。魂をすりおろして作った公演だ。この制限された状態で公演をするということが悔しくないと言ったら嘘になる。本当に覚悟してここに来た。心は痛んだけど、それでもより決然に、僕たちがこれまでの余白をすべて埋めようという気持ちでステージに上がった。ただ、非対面の公演よりずっと良い。本当に幸せだ。あとで振り返ると思い出になるだろう。僕たちがまた良い姿で、歓声を上げられるときに再び会えるその日まで、絶対に疲れないでほしい。メインスタジアムで待っているという言葉を守ってくれて嬉しかったし、一息に走ってきてくれてありがとう。それぞれの空間で、体と心で僕たちと一緒に踊ってほしい」

BTS、ソウル公演のセットリストに込めた思いとは

【写真】「行こおおお!」JUNG KOOK、ライブ目前の“大興奮”自撮り

【写真】ベッドの上で…BTSの“無防備な顔”に大興奮

前へ

2 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集