大快挙!NCT127、「第31回ソウル歌謡大賞」で大賞を受賞【ソウル歌謡大賞】

2022年01月24日 話題 #写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

NCT127の目覚ましい成長が話題になっている。

【写真】「心臓もたん」テヨン、“割れた腹筋”を大胆披露

NCT127は1月23日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームで開催された「第31回ハイワンソウル歌謡大賞」(以下、ソウル歌謡大賞)授賞式で大賞を受賞し、新しい歴史の一歩を踏み出した。

5年間のNCT127の受賞歴を見ると、彼らの成長過程を垣間見ることができる。

2016年、初のミニアルバム『NCT#127』を引っさげてK-POP界にデビューしたNCT127は、その翌年の2017年に行われた第26回の授賞式で生涯初めての新人賞を受賞し、第27回ではダンスパフォーマンス賞を受賞。以降、第28、30回の授賞式で本賞に名を連ね、遂に今年のソウル歌謡大賞でデビュー6年目にして初の大賞まで獲得した。

NCT傘下ユニットであるNCT127は、『Fire Truck』『Limitless』『Regular』『Simon Says』『Kick It』など、並外れたコンセプトでパワフルなパフォーマンスをずっと見せてきた。

そして、昨年9月に1年6ヵ月ぶりのカムバック曲『Sticker』でグループのアイデンティティを確固たるものにした。さらに、リパッケージアルバム『Favorite』を通じて、自分たちの音楽の可能性を証明している。

【画像】NCT 127の“パクリ疑惑”、制作会社が謝罪

NCT 127とイ・スマンPDの“ステッカー”コラボ劇にファン爆笑!「先生…すみません!」

NCT 127、12月に韓国で単独コンサート開催決定!ワールドツアーも予定

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集