『愛の不時着』『ヴィンチェンツォ』主演俳優が勢揃い…韓国JTBCが今年放送する超豪華ドラマ一覧

2022年01月11日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国JTBCが2022年に放送するドラマのラインナップを公開した。

【注目】Netflix配信作品!韓国で最高平均視聴率を叩き出したドラマ7選

ときめきを届けるロマンスから深い共感を提供するヒューマンドラマ、強烈なアクションサスペンス、楽しさ全開のファンタジーまで、様々なジャンルのコンテンツを披露する。

なかでも『愛の不時着』女優ソン・イェジン、『ヴィンチェンツォ』俳優ソン・ジュンギ、『椿の花咲く頃』俳優カン・ハヌルが2022年のJTBCドラマを背負う。

2022年初の水木ドラマとしては、『三十九』(原題、脚本ユ・ヨナ、演出キム・サンホ)が放送される。40歳を目前にした3人の友情と愛、人生についての深い話を扱う現実ヒューマンロマンスドラマで、ソン・イェジン、チョン・ミド、キム・ジヒョンが出演する。

『ボーイフレンド』の脚本を執筆したユ・ヨナと『それでも僕らは走り続ける』を演出したキム・サンホ監督が意気投合し、共感されるストーリーと幻想的な女性同士の友情を描く予定だ。来る2月に初放送を控えている。

(画像提供=JTBC)『三十九』

期待の作品が続々

熱帯夜より熱く、局地的な豪雨よりも推し量ることができない気象庁の人々の仕事と愛を描く職場ロマンスドラマ『気象庁人々:社内恋愛残酷史編』(原題、脚本ソン・ヨン、演出チャ・ヨンフン)が、土日ドラマで視聴者を訪ねる。

“ラブコメクイーン”と呼ばれるパク・ミンヨンと人気俳優ソン・ガンが「会社員」に変身し、気象庁という舞台を背景にロマンスを繰り広げる。『夫婦の世界』『ミスティ~愛の真実~』などのクリエイターであるカン・ウンギョンと、グルLine所属のソン・ヨンが脚本を執筆し、『椿の花咲く頃』のチャ・ヨンフン監督が演出を務める。

パク・ミニョン(左)とソン・ガン

俳優カン・ハヌルと女優イ・ユヨンの出演で話題を集める『インサイダー』(原題、脚本ムン・マンセ、演出ミン・ヨンホン)は上半期放送のドラマとしてラインナップに名前を上げた。 

『ミッシング~彼らがいた~』などを演出したミン・ヨンホン監督と、『プリースト~君のために~』などを執筆したムン・マンセの作品で、潜入捜査中に奈落の底に落ちた司法研修生が、奪われた運命の手札を握るために死闘を繰り広げるアクションサスペンスだ。俳優カン・ハヌルとイ・ユヨンがそれぞれ司法研修生とビジネスマンに扮し、“人生キャラクター”をもう一度更新する予定だ。

カン・ハヌル(左)とイ・ユヨン

『私の解放日誌』(原題、脚本パク・ヘヨン、演出キム・ソクユン)も上半期に視聴者を訪ねる。

映画『朝鮮名探偵』シリーズ、ドラマ『まぶしくて-私たちの輝く時間-』『ロースクール』などを演出したキム・ソクユン監督と、『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』『また!?オ・ヘヨン ~僕が愛した未来~』の脚本家パク・ヘヨンのタッグで、すでに視聴者の期待は最高潮だ。ここに俳優イ・ミンギ、キム・ジウォン、ソン・ソックが出演し、特別な共感をプレゼントする予定だ。

『グリーンマザーズクラブ』(原題、脚本シン・イウォン、演出ラ・ハナ)も2022年に放送される。

『グリーンマザーズクラブ』は、「緑色オモニ(母)会」に代表される小学校コミュニティの素顔と近所の学父兄たちの危険な関係性を描くドラマだ。子供のお母さんだと思っていた近所のははおやたちに許を突く秘密が明らかになり、大人になって出会った大人たちの本当の友情とは何かを考えることと同時に、女性たちの友情を披露する。イ・ヨウォン、チュ・ジャヒョンなどが出演し、卓越した演技力の俳優陣で新しいドラマの誕生を予告している。

イ・ヨウォン(左)とチュ・ジャヒョン

株式戦争に飛び込んだ証券オフィス街の下請け掃除員3人組の欲望の疾走を描く『クリーニングアップ』(原題、脚本チェ・ギョンミ、演出ユン・ソンシク)も注目を集める。希望よりも絶望に慣れた貧しい人生にやってきた危険な機会、株式で人生の逆転を夢見る人々の欲望と彼らの話を扱う。ヨム・ジョンアとチョン・ソミン、キム・ジェファの演技変身と俳優たちの呼吸が期待を集めている。

俳優ソン・ジュンギとイ・ソンミン、シン・ヒョンビンが出演を決めた『財閥家の末っ子』(原題、脚本キム・テヒ、チャン・ウンジェ、演出チョン・デユン)も、2022年最大の期待作のひとつだ。

『財閥家の末っ子』は、財閥総帥一家のオーナーリスクを管理する秘書が、財閥家の末っ子として生まれ変わり、2度目の人生を送るファンタジーものだ。『サバイバー:60日間の大統領』『トキメキ☆成均館スキャンダル』の脚本家キム・テヒと新鋭チャン・ウンジェが執筆を、『W-君と僕の世界-』『彼女はキレイだった』のチョン・デユン監督が演出を務める。

ソン・ジュンギ

この他にも『模範刑事』シーズン2、『悪い母親』『ディエンパイア:法の帝国』(いずれも原題)も2022年に視聴者と会う。JTBCは2022年、多彩なジャンルとしっかりとしたストーリーのドラマで、視聴者の夜の時間を担うという計画だ。

大物女優を投入も視聴率“爆死”の韓国ドラマ3作品…俳優だけで作品を選ぶ時代は過ぎたのか

放送中止を求める声が30万人に上った韓国ドラマ、疑惑のなかで視聴率まで“爆死”の二重苦に

『愛の不時着』ソン・イェジン、新ドラマで“輝く39歳”に!スチール公開【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集