チュ・ジフン、チン・セヨンが7年ぶりに共演した韓ドラ『アイテム』日本初放送!

2019年05月16日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『絶対彼氏。』韓国版リメイク、原作者の渡瀬悠宇も期待示す【インタビュー】

チュ・ジフン主演の最新作『アイテム』(原題)が、DATVにて7月から日本初放送されることが決定した。

DATVでは“オトナの色気 チュ・ジフン特集”として、『アイテム』などチュ・ジフン主演作品を続々放送する。

『アイテム』は韓国MBCで今年2月から放送された新作ドラマ。

特別な能力が宿る物(=アイテム)を巡る陰謀を、検事が暴いていくミステリーファンタジースリラーになっている。

チュ・ジフンは変わり者の熱血検事カン・ゴンを熱演。

仕事では検察組織の命令を拒否し、内部の不正を告発するほどの熱血ぶりを見せるも、家では両親を亡くした姪っ子を一人で育てながら惜しみない愛情を注ぐ父のような顔を持つキャラクターだ。

その緩急のギャップがたまらなく、チュ・ジフンの新たな魅力を発見できる。

ヒロインには、チュ・ジフンと7年ぶりの共演となるチン・セヨンが、ポーカーフェイスと冷静な判断力をあわせ持つソウル警察庁プロ ファイラー、シン・ソヨンを凛々しく演じている。

そして、ソシオパス(反社会性パーソナリティー障害)の一流企業の副会長に扮するキム・ガンウの背筋が凍る演技からも目が離せない。

その他、『アイテム』がもっと面白くなるメイキングや出演者のインタビューが詰まった「アイテム エピソード0~アンボクシング」もお見逃しなく。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事