MAMAMOOムンビョルがソロカムバック!前作とは“180度”変わった魅力にファンはメロメロ

2021年12月06日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

MAMAMOOのムンビョルがソロアルバムをリリースする。

【写真】“挑発的”なMAMAMOOファサ

所属事務所のRBWは「アーティストのムンビョルが、2022年1月にソロミニアルバムをリリースする。前作の『DARK SIDE OF THE MOON』のリリース後、約1年11カ月ぶりの新譜であるだけに、これまで見られなかったムンビョルの一風変わった魅力と感性を表現している」と明かした。

そして、12月6日に「COMING SOON」ポスターを公開した。

(写真=RBW)

ポスターに写るムンビョルは、顔の半分がベールに包まれている中で金髪のヘアスタイルに、袖なしのタートルネックを着て魅力を発揮している。前作の『DARK SIDE OF THE MOON』で披露した中性的な魅力とは相反する、洗練された女性美で新譜に対する期待感を高めている。

ムンビョルのソロカムバックは、2020年2月にリリースされた2ndミニアルバム以来、約1年11カ月ぶりだ。当時、ソロカムバックにも関わらず初動売上数6万6000枚を記録し、世界10地域のiTunes「トップアルバムチャート」トップ5にランクインしてK-POP代表ソロアーティストとしての高い人気を証明した。

また、内面の善と悪を“ムンスター”と“モンスター”と表現して1人2役をこなし、愛されているムンビョル。これまで、スーツや制服、ミリタリールックなどでパワフルなパフォーマンスを披露してきただけあり、今回の新譜ではどのようなパフォーマンスを見せてくれるのかに期待が高まっている。

ムンビョルはカリスマ性あふれるラップはもちろん、魅力的な歌声と優れたパフォーマンス能力を兼ね備えているアーテイストだ。所属していうるMAMAMOOではラップメイキングや曲の制作に携わり、音楽性の幅を広げてきた。

最近は、NAVER NOW.のライブショー『studio ムーンナイト』(原題)のホストとしても人気を集めた。また、バラエティ『ゴールを蹴る彼女たち』(SBS/原題)にも出演し、多方面での活発な活躍を繰り広げている。

実力派グループMAMAMOOの“7年間”を一気見できる!?12月に映画公開へ

MAMAMOOのファサ、コロナワクチン2回目の接種に緊張!万全の準備で挑む姿に注目

MAMAMOOフィインの“再契約問題”が決着、契約終了もグループ活動は継続と発表【全文】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集