BLACK PINKのYouTube登録者数が7000万人突破!2位のジャスティン・ビーバーと大差

2021年11月29日 話題 #BLACKPINK
このエントリーをはてなブックマークに追加

BLACKPINKが再び記録を塗り替えた。

【写真】「スタイル良すぎ」リサの“ビキニ姿”

BLACKPINKの公式ユーチューブチャンネルの登録者数が7000万人を突破した。これは世界の全アーティストとして初であり最多の記録となっている。

所属事務所のYGエンターテインメントは11月28日「BLACKPINKの公式YouTubeチャンネル登録者数が、この日の午前11時34分に7000万人を超えた。2016年6月28日にBLACKPINKチャンネルが開設されて約5年5カ月ぶり」と明らかにした。

BLACKPINKは2020年7月に非英語圏アーティスト初の「YouTube登録者数トップ5」に名を連ね、強大な存在感を誇った。その後、アリアナ・グランデ、エミネム、エド・シーラン、ジャスティン・ビーバーら有名ポップスターを次々と追い越し、ついに今年9月10日にYouTubeの最強アーティストに躍り出た。

BLACKPINK

彼女たちはグループ、ソロを問わず、毎回新曲を発表するたびに約100万人の新たな登録者を確保し、早いテンポで成長してきた。最近もリサの初ソロアルバム『LALISA』が発表されると500万人以上の新規登録者が流入し、BLACKPINK以前まで登録者数最高だったジャスティン・ビーバーとの差を350万人近く広げている。

YouTubeがグローバル音楽市場の勢力図の変化をリードしている立役者であることを考えれば、チャンネル登録者数は、意味ある指標の1つだ。登録するということは、コンテンツに対する単なる好奇心や1回限りの視聴を超え、忠誠度の高いファンの大きさとアーティストに対する期待を表す証左にほかならないからだ。

なお登録者数以外にも、BLACKPINKはYouTubeチャンネルだけで計32本の億超えMVを排出し、累計視聴回数は213億回にも達する。そのうち、最新曲のMV再生回数の上昇傾向は一段と激しくなり、従来のヒット曲も同様に人気を保っている。

代表曲は2018年初のミニアルバム 『SQUARE UP』のリード曲『DDU-DU DDU-DU』 は17億回再生を突破。この曲はK-POPグループ初、最高、最多再生回数の新記録を更新中だ。ほかにも『Kill This Love』(14億)、『BOOMBAYAH』(13億9、『AS IF IT’S YOUR LAST』(11億)、『How You Like That』(10億)のMVが10億壁を突破している。

BLACKPINKジス、彼氏目線の“胸キュンショット”に歓喜「不意な横顔キレイすぎ」【PHOTO】

BLACKPINK全員集合!“可愛さが大渋滞”のぎゅうぎゅう仲良しSHOTを公開【PHOTO】

少女時代やBLACKPINKも!「レベル高すぎる」スターたちの“イカゲームコスプレ姿”【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集