NiziUの成功、TWICEの活躍、新ガールズグループも…JYPエンタの「3年前のビジョン」が現実に

2021年09月15日 話題 #JYPエンタ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではJ.Y. Parkの名で知られるパク・ジニョンが明かしたJYPエンターテインメントのビジョンがしっかりとした成果を収め、今後のJYPに対する期待がさらに高まっている。

【写真】「まるでサナ+ツウィ」JYP“新ガールズグループ”メンバーの美貌

JYPエンターテインメントの首長であるパク・ジニョンは、投資家や起業家を対象にした2018年7月の「2018 Macquarie Emerging Industries Summit」で、同事務所の新たな未来と成長の原動力を表明して注目を集めた。彼は当時、JYPエンタが歩んできた足跡を明かし、さらに前進する一歩を「JYP 2.0」と説明した。

「JYP 2.0」の内容は、大きく「COMPANY IN COMPANY」「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」「JYP MUSIC FACTORY」「CREATIVITY FROM HAPPINESS」という4つのテーマに分類されたが、その目指すところは2021年9月現在、JYP所属アーティストのしっかりとした活躍と明確な成果で結実を結んでいる。

パク・ジニョン

日本でのNiziUの成功

まず、“K-POP第4世代”の代表格に浮上したStray Kidsが、8月23日に発表した2枚目のフルアルバム『NOEASY』でミリオンセラーを達成。彼らのフルアルバムは8月31日時点で、ガオンチャート累計出荷量が110万枚を突破し、JYPで制作されたアルバムとしては初めてミリオンセラーとなった。

(写真=Mnet)Stray Kids

パク・ジニョンは「JYP 2.0」のイベント中、「タスクの成果をどんな指標で測定するのか」という質問に、「現在最も良い指標はアルバムセールスだ。アルバムはアーティストに向けた忠誠心が高いファンが買うので、これが最も意味のある指標と見ることができる」と答えたことがある。

2018年のデビューから粘り強く自作曲で活動を続けてきたStray Kidsは、成長の翼を一杯に広げている。「JYP MUSIC FACTORY」のダンススタジオ、ボーカル練習室、プロデュースルーム、録音スタジオ、ミキシングルームなどレベルの高い音楽制作環境をもとに、チーム内のプロデュースグループ3RACHAがきちんと積み重ねてきた実力とメンバー全員のパフォーマンス能力が、国内外のファンの心を捕らえた。さらにStray Kidsは、人気K-POPボーイズグループが参加した『Kingdom:Legendary War』(Mnet)でも優勝している。

「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」は、JYP所属のガールズグループNiziUで実現されている。

グローバルオーディション番組『Nizi Project』を通じて誕生したNiziUは2020年6月、パク・ジニョンが作ったプレデビュー曲『Make you happy』で女性アーティスト初のオリコンデジタルランキング3部門同時1位、ミュージックビデオのYouTube再生回数2億回、ストリーミング累計2億回などの好成績を記録した。

同年12月に正式デビューシングル『Step and a step』、今年4月に発表した『Take a picture/Poppin' Shakin』など、発表したすべての曲を連続ヒットさせて“驚異の新人”として日本現地で人気を集めている。来る11月24日には初のフルアルバム『U』を発売し、再び存在感を示す見通しだ。

(写真=JYPエンターテインメント、Sony Music Entertainment (Japan) Inc)

NiziUの成功に勢いづいて、新しいボーイズグループ発掘のための『Nizi Project』シーズン2も準備されている。

新ガールズグループに期待大

「COMPANY IN COMPANY」システムを通じては、業務の迅速性と効率性が最大化されており、JYPは最近、アーティスト4本部の新設し、2022年にデビューする新ガールズグループプロジェクトに総力を傾けている。

来年2月にデビューを控え、去る7月に「GRAB YOUR FUTURE(未来を勝ち取れ)」というスローガンで10日間、デビューアルバム限定盤である「ブラインドパッケージ」を販売するという、異例のプロモーションを展開。グループ名はもちろん、何ら情報を公開していないにも関わらず、先行注文で6万1667枚という数値を達成し、“ガールズグループの名家”に対する高い期待を実感させた。

(画像=JYPエンターテインメント)

アーティスト4本部は最近、ジニ、ジウ、キュジン、ソリュンと新ガールズグループのメンバーを順次公開しているが、メンバー全員が過去最高級のビジュアルとボーカル力、パフォーマンス能力を兼ね備えており、国内外のファンの期待を一身に受けている。Wonder Girls、miss A、TWICE、ITZYと続くJYPガールズグループの“成功神話”は、まだまだ終わらない雰囲気だ。

そうかと思えば、JYPの主軸といえるTWICEとITZYは、グローバルな活躍を続けている。

今年6月11日に韓国で発売された『Taste of Love』で、米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で6位にランクインし、K-POPガールズグループが発売したミニアルバム史上最高の成績を上げたTWICEは、来る10月1日に初の英語シングル『The Feels』を全世界同時公開する。

ITZYは4月に発売した前作『GUESS WHO』とタイトル曲『Mafia In the morning』で、5月15日付の米ビルボード「ビルボード200」で148位を占め、「アーティスト100」でも99位に名前を載せ、ビルボード3大メインチャートの2チャートに初めてランクインした。9月24日には初のフルアルバム『CRAZY IN LOVE』を披露する。

(画像提供=JYPエンターテインメント)ITZY

いずれにしてもパク・ジニョンが3年前に掲げたビジョンは、着実に現実のものとなっている。今後のJYPエンターテインメントにさらに注目したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集