“時代劇女神”キム・ユジョン主演『紅天機』視聴率2ケタ超え!甘く切ないロマンスに「胸キュン」

このエントリーをはてなブックマークに追加

キム・ユジョン主演の時代劇『紅天機(ホンチョンギ)』(原題)が、視聴率2ケタを超えた。

【写真】キム・ユジョンが公開した『紅天機』オフショット

9月14日に放送された第6話は、首都圏平均10.3%(ニールセンコリア調べ)、全国平均10.2%、瞬間最高視聴率12%を記録し、自己最高視聴率を更新。すべての月・火曜ドラマの中で1位になったのはもちろん、全チャンネルで同時間帯1位を占め、うなぎ登りの勢いを見せた。

(※以下、ネタバレあり)

(写真=SBS)

この日の放送では、19年前の思い出のかけらを取り出し、月明かりの下で口づけするホン・チョンギ(演者キム・ユジョン)とハラムの姿が描かれた。19年越しに交わす彼らの甘く切ない口づけが、視聴者の胸キュンを誘った。

一方、王室に対するハラムの恨みや、ホン・チョンギとの接触に反応した魔王の姿なども公開され、これからの展開に注目を集めている。

『紅天機』は、神霊な力を持つ女画工のホン・チョンギ(演者キム・ユジョン)と、星座を読む赤い目の男・ハラム(演者アン・ヒョソプ)が描くファンタジーロマンス時代劇。

『風の絵師』『トキメキ☆成均館スキャンダル』『太陽を抱く月』の原作者チョン・ウングォルによる同名のベストセラー小説のドラマ化で、韓国SBSにて毎週月・火曜22時に放送中。全16話予定。

(記事提供=OSEN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集