俳優パク・ボゴムが“調理兵”に変身!? YouTube登場にファン歓喜「見てるだけで癒される」

2021年08月16日 話題 #パク・ボゴム
このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役中である俳優パク・ボゴムが、YouTubeチャンネル「国防TV」で8月14日に配信された企画コンテンツに出演した。

【関連】『オクニョ』名脇役俳優が披露した「パク・ボゴムの美談」

この動画では、軍隊の給食改善のためにパク・ボゴムがシェフのチョン・ホヨンさんに料理を学び、調理兵たちと共に620人前のカレーとハンバーグを作って振る舞う過程が収められた。

軍服姿で自分のことを「韓国海軍・軍楽儀仗大隊広報隊上等兵」と紹介したパク・ボゴム。

シェフのチョンさんに対して「僕は海軍669期です」と挨拶すると、チョンさんは「あ、600台の期数もあるんですね。僕は392期です」といたずらっ気に返し、それを聞いたパク・ボゴムが驚きながら立ち上がって敬礼をする場面もあった。

“大先輩”の前で固まってしまったパク・ボゴムの様子が笑いを誘う一方、久しぶりに披露した元気な姿にファンは喜びの様子。

動画のコメント欄には「ボゴムさん、お疲れ様です。レギュラー出演希望です!」「あまり期待しなかったけどめっちゃ面白かった」「私もボゴム上等兵が作ったカレーが食べたい」「ボゴムは本当に人間ビタミンだね。見てるだけで癒される」といった声が相次いだ。

パク・ボゴムは2020年8月31日に海軍教育司令部・海軍基礎軍事教育団に入隊し、基礎軍事訓練を受けたのち海軍本部文化広報兵として服務中。除隊は2022年4月頃とされている。

(写真=YouTubeチャンネル「国防TV」より)

◇パク・ボゴム プロフィール

1993年6月16日生まれ。本名同じ。2011年に映画『ブラインド』(原題)で俳優デビューした。2015年に放送されたドラマ『応答せよ1988』や翌年放送の『雲が描いた月明かり』などがヒットし、一躍有名俳優に。2018年には女優ソン・ヘギョと共に主演を務めた『ボーイフレンド』で韓国にとどまらない熱い人気に拍車をかけた。好青年ならではの爽やかなビジュアルから、韓国では「人間ポカリ」と呼ばれることも。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集