JYJユチョンの元カノだけじゃない… 韓国財閥3世たちの「麻薬吸引」が深刻

2019年04月03日 話題 #財閥問題
このエントリーをはてなブックマークに追加

南陽(ナミャン)乳業の創業者の孫娘であるファン・ハナ氏が麻薬投薬疑惑が浮上した中、財閥3世たちの麻薬吸引が深刻な状況であることが明らかになっている。

(関連記事:JYJユチョンの元カノがまたも物議、薬物投薬疑惑の中で「麻薬キムチ」とは…

最近、SKグループ創業者の孫・チェ氏が麻薬吸引の疑いで逮捕され、尿検査で麻薬の陽性反応が出た。

チェ氏は、薬物ブローカーから大麻の液状2~4gを15回に渡って購入し、吸入したと知られている。

チェ氏を調査する過程で、ヒュンダイ(現代)グループ3世のチョン氏(34)が麻薬類管理に関する法律を違反した事実が明らかになった。

チョン氏は液状大麻を6回に渡って、約200万ウォン(約20万円)分を購入したという。現在、海外滞在中のチョン氏が帰国する次第、書類送検して取り調べると警察は明かしている。

財閥3世の麻薬吸引は昨日今日に始まったことではない。

前出のチョン氏も2012年、大麻吸引で摘発された事実が分かった。

故・鄭周永ヒュンダイグループ名誉会長の孫娘でチョン氏は、20歳だった2012年、自分の車の中で知人と大麻0.5gを吸引した疑いで警察に逮捕された。

陽性反応が出たため、裁判の結果罰金300万ウォン(約30万円)を課せられた。

また、ハンファグループ会長の次男キム氏(33)も、2014年2月に麻薬吸引で懲役8カ月・執行猶予2年を宣告された。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事