FTISLANDのチェ・ジョンフン、3年前の飲酒運転“もみ消し”か。警察との癒着疑惑

このエントリーをはてなブックマークに追加

FTISLANDのチェ・ジョンフンが、過去に飲酒運転をもみ消したという疑惑が浮上した。

某メディアが3月13日に報道したところによると、チェ・ジョンフンは2016年3月、ソウル龍山警察署によって飲酒運転を摘発された。そのときの血中アルコール濃度は制裁基準を超えた0.005%以上だったという。

しかし、そのことがメディアに取り上げられないよう、チェ・ジョンフンは警察にもみ消しを頼み、事件は報道されなかった。

チェ・ジョンフンはその後、BIGBANGのV.Iやチョン・ジュニョンなどがメンバーであるメッセンジャーアプリのチャットルームでそのことについて自慢げに話し、事件をもみ消してくれた警察官には誕生日のお祝いメッセージを送るなど、親交を維持していたことがわかった。

(関連記事:V.Iと親交がある芸能人にも疑惑の目…「彼と親しくなりたくない人はいなかった」

他のチャットルームでは「“警察総長”が心配しなくてもいいと言った」というメッセージを送ったことが知られ、波紋を呼んでいる。

報道があった3月13日、閔鉀龍(ミン・ガプリョン)警察庁長は緊急記者会見を開き、この内容を言及。

「警察の高位層まで関わっているという癒着不正疑惑について、警察のすべての力を総動員し、徹底的に捜査・監察していく」と明らかにした。

チェ・ジョンフンの所属事務所FNCエンターテインメントは3月12日、「チェ・ジョンフンは渦中の芸能人(V.I、チョン・ジュニョン)と親交があって連絡は取り合っていたが、今回の事件とは無関係だ」と立場を伝えた。

しかし、公式立場とは違う事実が明らかになり、波紋が広がっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事