『梨泰院クラス』のOST歌手Gaho、視線を虜にする鮮やかな新曲ティーザー公開

2021年05月14日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガーソングライターのGahoが、イメージの変身を予告するティーザーイメージを公開している。

Gahoの所属レーベル、Planetarium Recordsは5月13日、公式SNSアカウントを通じて24日18時にリリースされるGahoの新曲『Rush Hour』の雰囲気を垣間見ることができるティーザーイメージを公開し、期待を高めた。

【写真】『梨泰院クラス』嫌われ御曹司の変身に「本当に同一人物?」の声

公開されたティーザーイメージには、夢幻的な雰囲気を醸し出すブルートーンを背景に、Gaho本人のシルエットが浮かび上がっている。従来のイメージとは異なるブルートーンカラーを活用したコンセプトティーザーイメージを公開し、どのような音楽を聞かせてくれるのか興味深さを煽っている。

(写真=Planetarium Records公式Instagram)

先立ってGahoは『Rush Hour』の制作記録映像を先行公開し、ユニークなPRで注目を集めていた。制作記録映像には、メロディーの作成、イメージメイキング、作詞をする時どんな部分からインスピレーションを得ているのかなど、シンガーソングライターとしての悩みをベースとした音楽の話が盛り込まれている。

新曲『Rush Hour』は、これまで様々なコラボレーションを続けてきたGahoが、tvNドラマ『秘密の森 シーズン2』のOST(劇中歌)『風』以来なる自作曲だ。特に、今回の新譜のために長い時間と精魂を込めて準備したと伝えられており、さらに期待を高めている。

2020年にドラマ『梨泰院クラス』のOST『始まり』でスポットライトを浴びたGahoは、中国、日本などアジアの主要国以外にも、アメリカやヨーロッパでも高い関心を受けており、シンガーソングライターとしての影響力を広げている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集