最終回目前の『ヴィンチェンツォ』、ソン・ジュンギや2PMテギョンからのメッセージが到着!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最終回まで残り2話となったドラマ『ヴィンチェンツォ』の主演ソン・ジュンギが「何もわからない状態で始め、最後はすっかりハマった。視聴者の方々が愛と応援をくださらなかったら、こんな幸せは感じられなかったはず」と感想を述べている。

【注目】ソン・ジュンギや2PMテギョンの“未公開カット”公開

Netflixでも配信中の『ヴィンチェンツォ』が最終回まで残り2話となっている。ダークヒーローとヴィランの“仁義なき戦い”が予告されている中、命がけの勝負の行方がどのような結末を迎えるか関心が集まっている。

予測できないどんでん返しな展開、劇の重みと笑いを絶妙に織りなした演出、俳優たちの熱演が相乗効果を発揮し、毎回ブームを巻き起こしてきた『ヴィンチェンツォ』。

ソン・ジュンギ、チョン・ヨビン、オク・テギョン(2PMのテギョン)は安定した演技力を見せ、最終回を目前に愛情と感謝の気持ちを込めたメッセージをファンに送った。

(写真提供=tvN)

ソン・ジュンギは、イタリアンマフィアに変身し、“唯一無二のダークヒーロー”を誕生させた。さまざまな魅力でお茶の間を魅了したソン・ジュンギは「“毎回この作品が終わりませんように”と思いながら撮影に臨んでいたが、もう最終回を控えている」と残念な気持ちを伝えている。

そして「最後の放送まで、多くの応援をお願いしたい。『ヴィンチェンツォ』が疲れた皆さんの日常を支える存在になっていたら、それ以上望むことはない。ありがとうございます」と締め括った。

チョン・ヨビンは、新鮮な魅力と素晴らしい演技力で、敏腕弁護士ホン・チャヨンを完成させた。ホン・チャヨンの変わった性格を愉快に愛らしく描いたチョン・ヨビンは「今まで『ヴィンチェンツォ』と一緒にいてくださった全ての視聴者に感謝します。ホン・チャヨンとして生きることができて胸がいっぱいになる日々だった。この幸運が視聴者にも残るよう切に願います」という温もりあふれるメッセージを送っている。

オク・テギョンはドラマの核となるキャラクター、チャン・ジュヌを演じ、大活躍した。二面性のある性格を細かい演技で巧みに描き、劇を盛り上げた。怪物のような本性を表したチャン・ジュヌは、最後の反撃を予告して危機感を高めている。

オク・テギョンは「『ヴィンチェンツォ』を通じて多くのことを学んだ。大勢の方々がこの作品を作るためにたくさんの努力をしていることを知った。この作品とともにした8カ月という時間を忘れないと思う。『ヴィンチェンツォ』を見守ってくださった視聴者の方々に本当に感謝する。最後までジュヌを見守って欲しい」と最後の挨拶を伝えた。

一方、『ヴィンチェンツォ』は、本日(5月1日)21時に韓国tvNにて第19話が放送される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集